ゲームライブ配信の秘訣! 信頼できるおすすめPC設定

目次

ゲームライブ配信を支えるPCの選び方

ゲームライブ配信を支えるPCの選び方

ゲーミングPCと配信専用PCの違いを知ろう

ゲーミングPCと配信専用PCの違いを理解することは、ゲームライブ配信を成功に導くための重要なポイントです。

ゲーミングPCは主に高性能なゲームプレイのために設計されており、高度なグラフィックプロセッサーや速いプロセッサを搭載して、最新ゲームを滑らかに実行できるようになっています。

一方、配信専用PCは、ゲームプレイの処理能力と同時に、高画質のストリーミング配信を行うことができるように最適化されています。

配信専用PCでは、CPUの性能が特に重要です。

これは、ライブストリーミング時にビデオエンコードの処理能力が求められるためで、カクつきのない安定した配信を実現するためには強力なCPUが必要になります。

さらに、配信専用PCには、複数の映像入力を同時に処理できるキャプチャーカードが必須であり、これがないと複数のカメラアングルや追加のビジュアル素材を配信中に扱うことができません。

対照的に、ゲーミングPCはグラフィック性能に重点を置いているため、より高価なグラフィックカードが組み込まれがちですが、それだけで配信用のセットアップとして十分とは限りません。

配信を行うには、ゲームプレイを快適に楽しむだけでなく、それをリアルタイムで高品質に視聴者に届ける処理能力が求められるため、この二つの目的に合わせたPC選びが不可欠です。

これにより、配信者は視聴者に最高の視聴体験を提供することができるのです。

スペック要件 配信の品質を決める重要なポイント

ゲームライブ配信を支えるPC選びで、最も重要な要素はスペックです。

配信の品質を左右する主要なスペックとして、CPU、GPU、RAM、ストレージが挙げられます。

CPUは高速な処理能力が求められ、IntelのCore i7以上やAMDのRyzen 7以上がおすすめです。

これにより、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かすことができます。

GPUは高解像度でのゲームプレイと同時に、ストリーミング配信も行うためには、NVIDIAのGeForce RTX4060以上またはAMDのRadeon RX 7600 XT以上が適しています。

これにより、高品質な映像をリアルタイムでエンコードし、視聴者に快適な視聴体験を提供できます。

次にRAMは、少なくとも16GBを推奨します。

これにより、ゲームと配信ソフトウェアが同時に動作してもPCが不安定になることが少なくなります。

さらに、ストレージに関しては、SSDを選択することが重要です。

特に、読み書き速度の速いNVMe SSDを搭載すると、ゲームの起動時間やロード時間が短縮され、配信中の遅延を最小限に抑えることができます。

これらのコンポーネントを適切に選ぶことで、ゲームライブ配信の品質を向上させることができるのです。

おすすめのCPU・GPUの組み合わせ

ゲームライブ配信を行う上で核となるのがCPUとGPUの組み合わせです。

CPUは配信時のエンコーディング処理に影響し、高性能なものを選ぶことでスムーズな配信が可能になります。

例えば、IntelのCore i7やAMDのRyzen 7以上がおすすめです。

これらは多くのコアとスレッドを持ち、複数の処理を同時に効率良くこなすことができるため、配信中のゲームプレイが重くなることなく高画質での配信が期待できます。

一方でGPUは、ゲームのグラフィックを高解像度で快適に表示するために重要です。

NVIDIAのGeForce RTX4060 Ti以上やAMDのRadeon RX 7700 XT以上が適しています。

これらのグラフィックカードは、高品質なゲーム画面を配信しながらも、ゲーム自体のパフォーマンスを落とさずに済む処理能力を持っています。

GPUはエンコード処理にも寄与し、特にNVIDIAのNVENCやAMDのVCEは、CPUに負担をかけることなくエンコードを助けるため、配信の品質を高めつつ、ゲームプレイの影響を最小限に抑えることができます。

これにより、配信者は視聴者に対して最高の視覚体験を提供しながら、ゲーム内でのパフォーマンスも維持することが可能です。

以上の点を踏まえたCPUとGPUの選定は、ゲームライブ配信の成功において非常に重要です。

適切なハードウェアの組み合わせにより、技術的なトラブルを避けつつ、視聴者に高品質なコンテンツを安定して提供することができるため、配信者としての信頼性も向上します。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40947 2400 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40896 2341 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40896 2341 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38378 2063 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38303 2034 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35315 2218 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35315 2218 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33576 2192 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33576 2192 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32357 2087 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32357 2087 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29094 2025 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28696 1955 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26888 2030 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24505 2088 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24505 2088 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21955 1936 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20252 2001 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19399 1924 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17634 1803 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15958 1765 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15958 1765 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15204 1967 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9025 1734 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9025 1734 公式 価格

配信ソフトウェアの最適設定

配信ソフトウェアの最適設定

OBS Studioの詳細設定ガイド

OBS Studioでの詳細設定は、ゲームライブ配信の品質を大幅に向上させる要素です。

最初に注目すべきは、「出力」タブです。

ここでは、ビットレートを適切に設定することが重要です。

一般的に、1080pの高画質配信を求める場合、ビットレートは6000から8000 Kbpsの範囲が推奨されます。

次に、「エンコーダ」の選択に移ります。

ハードウェア性能に余裕がある場合は、NVENC(NVIDIAのGPUを利用したエンコード)の使用が適しており、CPUへの負荷を減らしつつ高品質なストリーミングが可能です。

また、オーディオ設定も非常に重要です。

マイク入力を「オーディオビットレート」は通常、高品質なオーディオを確保するために256kbps設定することが望ましいです。

ゲームのサウンドとマイク入力のバランスを適切に調整し、視聴者にクリアな音声を提供するためには、オーディオミキサーを活用して各入力のレベルを細かく調整することが不可欠です。

さらに、シーン遷移の設定も配信のプロフェッショナリズムを高めます。

ストリーマーは、ゲーム画面と自身のウェブカメラ画面を切り替える際、滑らかで視覚的に魅力的な遷移を設定できます。

これにより、視聴者の体験がよりダイナミックでエンゲージングなものになります。

最後に、OBS Studioの「詳細」タブでは、プロセスの優先度を「高」に設定することで、コンピュータのリソースが配信ソフトウェアに優先的に割り当てられ、安定性が向上します。

これらの設定により、技術的なトラブルを最小限に抑えつつ、視聴者に高品質な配信を提供することができるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

XSplitにおけるストリーム最適化のコツ

XSplitを使用してゲームライブ配信を行う際には、複数の設定を最適化することが重要です。

まず、ストリーミングするゲームの画質に大きく影響するビットレートの設定を見直しましょう。

安定した配信を行うためには、アップロード速度に応じてビットレートを調整することが推奨されます。

一般的に、3000から6000 kbpsが理想的とされていますが、実際のインターネット環境を考慮して設定を行うことが肝心です。

次に、配信の解像度とフレームレートです。

1080pのフルHDで60fpsの配信が一般的ですが、視聴者のインターネット速度や使用デバイスによっては、720pや30fpsの設定の方が無難かもしれません。

XSplitでは、これらの設定を簡単に変更できるため、異なる環境を想定したテスト配信を行って、最適なバランスを見つけることが大切です。

さらに、オーディオ設定も重視しましょう。

クリアな音声は視聴体験を向上させる重要な要素です。

マイクからの音声レベルが適切に調整されているかを確認し、必要に応じてノイズゲートやコンプレッサーの利用を検討してください。

これらの基本的な設定を見直すだけでも、XSplitを用いたゲームライブ配信の品質は格段に向上します。

設定は一度行えば完了するものではなく、定期的に見直しを行い、常に最良の配信ができるよう努めることが望ましいです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DB

ソリッドなパフォーマンスと先進技術が融合したゲーミングモデル
64GBの大容量メモリと高速NVMe SSDでスムーズなアクセスの快速スペック
NZXT H6 Flow Whiteのクリーンな白を基調としたデザインが部屋を明るく彩るPC
ハイエンドの心臓、Core i9 14900で多忙なタスクもストレスフリー

【ZEFT Z47DB スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DB

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DZ

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DZ

力と美を兼ね備えた、ユーティリティフォーカスの新時代ゲーミングPC!
最新ゲームも快適プレイ!バランス良好な32GB RAMと迅速な1TB SSDが駆動力
Corsairの流麗なデザイン、そのクリアサイドが放つ美しさが、部屋を彩るマシン
Ryzen 9 7900X搭載、シームレスなマルチタスクを実現するパワーハウス

【ZEFT R56DZ スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DZ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

プロフェッショナルグレードの実力、あらゆるゲームを極限まで引き出すゲーミングPC
最新のRTX 4070Tiと32GB RAMのバランスで、スペックの限界を超えろ
H5 Flowケースのクリアな美しさ、NZXTのミドルタワーが構築する洗練された空間
i7-14700KF、2023年リリースのパワーであらゆる作業を快適に

【ZEFT Z45GR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FE

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FE

快適ゲーミング & パワフルワーク、このマシンに託せ
コンパクトさが特権、クリアビューで光る存在感
グラフィック描写、RTX 4060でリアルに迫る
高速Wi-Fi 6E & ロバストな構成、信頼性の結晶

【ZEFT R53FE スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49LA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49LA
【ZEFT Z49LA スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49LA

ビットレートと解像度のバランス

配信ソフトウェアを使用する際には、ビットレートと解像度のバランスが重要です。

ビットレートは動画の品質やデータの流れの速さを決定し、高いビットレートはより鮮明な映像を提供しますが、同時により多くのインターネット帯域を消費します。

一方、解像度は画面の細かさを表し、高い解像度で配信すると視聴者にとって鮮明な画像を提供できますが、これもまた高いビットレートを必要とします。

ゲーム配信の場合、特に動きが激しいシーンでは、適切なビットレートを設定することが画質維持に不可欠です。

例えば、1080pの高解像度でストリーミングする場合、一般的には6000kbps以上のビットレートが推奨されます。

しかし、配信者のインターネット速度や視聴者の受信環境によっては、これより低い設定が適している場合もあります。

そのため、設定を調整する際には、実際のインターネット速度を確認し、テスト配信を行って最適なビットレートを見つけることが望ましいです。

また、解像度を選ぶ際には、視聴者の受信環境も考慮する必要があります。

全ての視聴者が高速インターネット接続を利用しているわけではなく、高解像度の配信が途切れることがあるため、場合によっては720pなどのやや低い解像度を選択するのが適切です。

これにより、多くの視聴者にスムーズな視聴体験を提供できるでしょう。

ビットレートと解像度の最適な設定は、配信の成功に直結します。

設定を調整して最良の配信環境を整えることが、視聴者にとって快適な視聴体験を保証する鍵です。

快適なゲーム配信のためのPC冷却戦略

快適なゲーム配信のためのPC冷却戦略

冷却システムの種類とその効果

ゲーム配信を行う際にはPCの冷却システムが重要な役割を果たします。

性能の高いPCは高負荷時にも熱を効率よく逃がす必要があり、ここで冷却システムの選択が重要になってきます。

基本的には、空冷と水冷の二つのシステムが主流です。

空冷システムはファンを用いて内部の熱気を外に排出する方法で、そのシンプルさから幅広いユーザーに採用されています。

ファンの大きさや数、回転速度を調整することで冷却効果を変えることができますが、大きなファンは騒音の原因になることもあります。

一方、水冷システムは水を冷却媒体として使用してPC内部の熱を効率よく外部に逃がす技術です。

このシステムは熱伝導率が高いため、高負荷時でもPCの温度を効果的に下げることが可能です。

設置には若干の手間とコストがかかりますが、その静音性と冷却効果は多くのハイエンドユーザーから支持されています。

ゲーム配信では長時間にわたってPCがフル稼働するため、適切な冷却システムを選ぶことが不可欠です。

それぞれのシステムにはメリットとデメリットがありますので、使用するPCのスペックや設置環境、さらには予算に応じて最適な選択をすることが求められます。

適切な冷却システムを備えることで、パフォーマンスの低下を防ぎ、快適なゲーム配信を実現することができるでしょう。

PCケースとエアフローの関係性

ゲームライブ配信時のPCパフォーマンス維持には、効果的な冷却システムが不可欠です。

配信中にPCが発する熱を効率よく逃がすためには、PCケースの選択とエアフローの設計が関?となります。

適切なエアフローを確保するには、PCケースの内部構造が大きな役割を果たします。

たとえば、フロントからリア、またはボトムからトップへ空気が流れる設計は、熱気をPC内部から効率よく排出します。

特に、前面と背面に多数のファンスロットを備えたケースは、強力なエアフローを実現するために推奨されます。

さらに、ケース内の配線を整理して空気の通路を確保することも重要です。

ケーブルが乱雑に配置されていると、空気の流れが妨げられ、冷却効果が低下するためです。

このようにして、PCケースとエアフローの設計が適切に行われると、CPUやGPUなどの重要なコンポーネントが発熱する際にも、熱を素早く外に逃がすことができ、動作の安定性が保たれます。

結果として、長時間のゲーム配信でもPCの性能が落ちにくく、滑らかな配信を実現することができるわけです。


定期的な清掃が重要な理由

ゲーム配信中にPCが高性能を維持するためには、内部が適切に冷却されていることが非常に重要です。

特に高負荷がかかる長時間の配信での発熱は、PCのパフォーマンスに悪影響を及ぼし、最悪の場合、機材の故障を引き起こす可能性があります。

こうしたトラブルを避けるため、PC内部の清掃を定期的に行うことが推奨されます。

PC内部は意外とほこりが溜まりやすく、これが冷却ファンやヒートシンクに蓄積すると、熱の放散が妨げられ、効率的な冷却が困難になってしまいます。

したがって、こまめにケースを開けて内部のほこりをクリーニングすることは、熱によるパフォーマンス低下を防ぎ、ゲーム配信のクオリティを維持するのに役立ちます。

また、清掃はPCの寿命を延ばし、予期せぬ故障や性能の低下を未然に防ぐ効果もあります。

清掃の頻度ですが、環境にもよりますが、一般的には月に一度程度が理想的です。

ただし、配信スペースがほこりっぽい場所にある場合や、ペットを飼っている場合などは、それよりも頻繁に行う必要があるかもしれません。

清掃する際は、静電気を防ぐための措置を講じ、専用のブラシや圧縮空気を使用して、慎重にほこりを除去してください。

以上のように、定期的なPC内部の清掃は、快適かつ持続可能なゲーム配信を実現するための基本的かつ重要な維持管理の一環です。

熱問題を未然に防ぎ、最適な配信環境を保つために、ぜひ実践してみてください。

ライブ配信中のトラブルシューティング

ライブ配信中のトラブルシューティング

配信が途切れる原因と対策

ゲームライブ配信中に配信が途切れる問題は多くの配信者が直面する一般的なトラブルです。

この問題の主な原因は、インターネット接続の不安定さにあります。

特に、配信には高速で安定したインターネット速度が求められますが、利用している回線の帯域が不足していると、データの送信が追いつかず、画像や音声が途切れがちになります。

このような場合、まずは使用しているインターネットの速度を確認し、必要であればプロバイダーに確認し速度の向上を図るか、高品質の回線に変更することが考えられます。

次に、パソコンの性能も大きく関係しています。

特にCPUやグラフィックカードが配信に必要な処理能力を満たしていない場合、映像や音声の処理中に遅延が発生し、それが配信の途切れにつながることがあります。

こうした問題に直面した場合は、まず現在のパソコンのスペックを再確認し、必要に応じてハードウェアのアップグレードを検討することが有効です。

また、配信ソフトウェアの設定も見直す必要があります。

配信ソフトが高すぎるビットレートで設定されていると、インターネット速度やPCの処理能力を超えた負荷がかかり、結果として配信が途切れることがあります。

ビットレートは、目的の画質とフレームレートを保ちつつ、最も効率的に動作する設定を見つけることが重要です。

効果的なストリーミングを実現するためには、これらの要素を慎重にバランスさせることが必要です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

エンスージアスト級の性能、ゲームも作業も快適にこなすハイスタンダードゲーミングPC
バランスに長けたパフォーマンス、快速32GBメモリと速攻1TB SSDで最前線を走れ
清潔感あふれる白いNZXT筺体、スタイリッシュに部屋を格上げ
最新Core i7で、複雑な計算もサクサク、クリエイティブ作業が加速

【ZEFT G42DCH スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ANN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ANN
【ZEFT Z45ANN スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster HAF 700 EVO
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ANN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LP

高速ゲーム専用マシン、強力なラインナップでバトルをサポート
最新ゲームもスムーズに動かす圧倒的バランス、16GBメモリが鍵を握る
潔白なキューブケースに秘められた小さな巨人、スタイルが際立つデザイン
Core i5-14600KFという頭脳、快速をコミットする処理能力の秘密

【ZEFT Z45LP スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

高性能と実用性を兼ね備えたハイバリュースタンダードゲーミングPC、プレイを次のレベルへ
均整のとれたパワーハウス、確かな安心感と共にスムーズなゲーム体験をお届け
スタイリッシュな見た目と便利さを誇るミドルタワーケース、空間にエレガントな一台
快速Core i7でタスクを一掃、ハイスペックCPUで留まる場所なし

【ZEFT Z47BJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45A

最新の技術と実用性を兼ね備えたゲーミングPC?理想のパフォーマンスを提供するモデル
あらゆるゲームに対応する均整の取れたスペック?16GBメモリと1TB NVMe SSDで快適プレイ
眺める楽しみもプラス?クリアパネルを採用したミドルタワーケースで、その美しさに注目
Core i5 14600KFを搭載?最新ゲームもこれ一台でスムーズに動かす力強いCPU

【ZEFT Z45A スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45A

ソフトウェアのクラッシュを防ぐテクニック

ソフトウェアのクラッシュはライブ配信の最中に起こると非常に困りますが、いくつかの予防措置を講じることでリスクを軽減できます。

まず、PCのオペレーティングシステムと全ての配信関連ソフトウェアは常に最新の状態に更新しておくことが重要です。

更新プログラムには、既知のバグ修正やセキュリティ向上のための改善が含まれており、クラッシュを予防する助けになります。

次に、定期的なPCのメンテナンスを怠らないことも大切です。

ディスクのクリーンアップを行い、不要なファイルやアプリケーションを削除することで、システムの負荷を軽減し、ソフトウェアのパフォーマンスが向上します。

また、PC内部のハードウェアの確認も忘れずに行い、十分な冷却ができているかを確かめ、ハードウェアの故障がクラッシュの原因になることを防ぎます。

さらに、配信時には必要なソフトウェアのみを稼働させ、背景で動作する不要なアプリケーションは終了させることが推奨されます。

これにより、リソースを最大限に活用し、ソフトウェアの安定性を保つことができます。

もし可能であれば、配信専用のユーザープロファイルを作成し、最小限のスタートアッププログラムとプロセスでPCを構成することも一つの方法です。

このようにして、ソフトウェアのクラッシュを防ぐためのいくつかの対策を施すことで、配信中の不測の事態を未然に防ぎ、よりスムーズでプロフェッショナルなゲーム配信を実現することができます。

安定した配信環境を整えることは、視聴者にとっても配信者にとっても快適な経験を提供することに繋がります。

避けるべき一般的な設定ミス

ゲームライブ配信を行う際には、パフォーマンスに影響を及ぼすいくつかの一般的な設定ミスがあります。

まず、解像度とビットレートの設定が非常に重要です。

適切なビットレートを設定しないと、映像の質が低下したり、配信が途切れる可能性があります。

一般に、1080pの配信で5000から6000kbps、720pでは3000から4000kbpsのビットレートが推奨されます。

また、CPUの過負荷も配信中のトラブルの一因となり得ます。

特に、ゲーム自体も高いパフォーマンスを要求する場合、配信ソフトウェアとゲームが同一のプロセッサリソースを使用している場合に問題が発生しやすくなります。

こうした問題を避けるためには、ゲームをプレイしながら配信するPCには十分な処理能力が必要ですし、場合によっては専用のストリーミング用PCを用意することが好ましいです。

さらに、オーディオ設定の見落としも少なくありません。

マイクからの入力レベルが適切でないと、視聴者にとって耳障りなノイズが入ることがあったり、あるいは全く聞こえなかったりすることがあります。

マイクレベルだけでなく、デスクトップオーディオの音量バランスにも注意が必要です。

これは視聴体験を左右するため、事前のテスト配信により最適な設定を見つけ出すことが重要です。

配信効率を最大化する多画面環境のセットアップ

配信効率を最大化する多画面環境のセットアップ

デュアルモニターのメリット

ゲーム配信を行う際にデュアルモニターを設置することは、配信の品質と効率を高める上で非常に重要です。

デュアルモニターの使用により、一つの画面でゲームをプレイしながら、もう一つの画面でチャットや配信の管理を行うことができるため、ゲームのプレイと同時に視聴者とのコミュニケーションがスムーズになります。

また、複数のアプリケーションを同時に表示できることから、配信中に必要な情報へのアクセスも速やかに行えます。

さらに、デュアルモニターは配信中の多任務処理を容易にし、エラーやトラブルが生じた場合の対応も迅速にできるようになります。

たとえば、一方の画面でソフトウェアの設定を変更しながら、もう一方でゲームを続けることができるのです。

これにより、配信の途切れを防ぐことが可能です。

デュアルモニターを活用することで、視聴者にとっても魅力的な配信を提供することができます。

視聴者は配信者がスムーズにゲームと対話をこなしている様子を見ることにより、より一層の没入感を得ることができるのです。

したがって、デュアルモニターのセットアップは、より専門的でプロフェッショナルな配信を目指す場合に重要な要素となります。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R52CL

パソコンショップSEVEN ZEFT R52CL

ハイバリューなエキスパート階層、快適ゲーム体験をもたらすこのゲーミングPC
新時代のバランス感、応答速度と映像美を兼ね備えたマシンのスペックが際立つ
スタイリッシュなXLサイズで光彩降り注ぐFractalポップケースを採用したデザイン
Ryzen 7 7700搭載、処理能力と省エネを妥協なく提供するマシン

【ZEFT R52CL スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52CL

パソコンショップSEVEN ZEFT R46J

パソコンショップSEVEN ZEFT R46J

プロ並みのパフォーマンスを家庭にもたらす、エキスパート向けのゲーミングPC
至高のバランスで最先端ゲームを極める、快適な32GB DDR5メモリと迫力のグラフィックス
すべてがクリアに見えるミドルタワーケース、美しさも機能性も抜群のデザインマシン
最新のコアで速さを極める、Ryzen 9のパワーを搭載したPC

【ZEFT R46J スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD 4TB (m.2 nVMe READ/WRITE:200Gbps/200Gbps NB製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R46J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CB

ハイエンドゲーミングの域に達する圧倒的パワーを誇るマシン
極限のパフォーマンス、128GBメモリの強力サポートでスムーズ動作
見た目も鮮やか、透明なサイドパネルから煌めく内部の美学をアピール
最新Core i9で、熾烈な戦いも快適に支配

【ZEFT Z47CB スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47HP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47HP

エキサイティングゲーム体験をコミットする、均整の取れたスタンダードゲーミングPC
ハイレベルな性能バランス、ゲームとクリエイティビティを加速するマシン
スタイリッシュで静音性を追及した、洗練されたデザインのPCケースが魅力
最新のCore i5が織り成す、快適パフォーマンスのゲーミングPC

【ZEFT Z47HP スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47HP

適切なモニター配置と解像度管理

ゲームライブ配信で成功を収めるためには、適切なモニター配置と解像度管理が非常に重要です。

配信者が快適に操作でき、かつ視聴者にもクリアな映像を提供できる環境を整えることが求められます。

まず、主モニターはゲームプレイに使用し、高解像度での表示が推奨されます。

これにより、ゲームのディテールが鮮明になり、視聴者にとっても魅力的な映像を提供できます。

次に、配信用の操作やチャットを確認するためのサブモニターを設置すると良いでしょう。

サブモニターには解像度を少し下げても構いませんが、読みやすさを保つためには、過度に低下させないことが大切です。

モニターを配置する際には、目線移動を最小限に抑えることが重要です。

たとえば、主モニターを正面に、サブモニターをやや左右どちらかにオフセットして設置することで、視線の移動をスムーズにし、配信中の負担を減らすことができます。

また、モニターの高さも調整し、首や肩への負担が少ないようにすることが肝心です。

これらの配慮により、長時間の配信でも疲れにくい環境を作ることが可能です。

解像度の管理についても、配信ソフトウェアで適切に設定することが大切です。

特に、配信では再圧縮が行われるため、原信号の品質をできるだけ高く保つことが望ましいです。

それには、ゲームの解像度と配信解像度を適切にマッチングさせることが必要となります。

配信者がこれらの点に注意を払い、適切にセットアップすることで、視聴者にとって楽しみやすく、映像美の高いライブ配信を行うことができます。

ストリームコマンドセンターの構築

ゲームライブ配信で成功を収めるには、ストリームコマンドセンターの効率的な構築が不可欠です。

まず、強力で信頼性の高いメインPCが必要となります。

これは、ゲームプレイを高解像度でスムーズに実行し、同時に配信も行うためです。

さらに、コメントや視聴者とのインタラクションを管理するためのサブPCも同様に重要です。

これによって、メインPCへの負担を軽減し、配信のクオリティを維持できます。

また、適切なソフトウェアの選定は、ストリーミングの質を大きく左右します。

OBS StudioやXSplitなどの配信ソフトウェアは、多機能でありながらカスタマイズが可能ですので、各自のニーズに合わせた設定が行えます。

これにより、視聴者にとって魅力的な視覚体験を提供することが可能です。

画面のレイアウトやカメラアングルの工夫も重要です。

メインのゲーム画面はもちろんのこと、自身のリアクションを映すウェブカム画面や、視聴者のコメントを表示するスペースも適切に配置することで、視聴者とのコミュニケーションが活発になります。

音声設定にも注意が必要です。

クリアで聞き取りやすい音声は、視聴者がより配信に没入できるようにするためには不可欠です。

適切なマイクと音声ミキサーの選定を忘れてはなりません。

このように、ストリームコマンドセンターを構築するには、ハードウェアの選定からソフトウェアの設定、さらには画面レイアウトや音声のクオリティまで、多方面にわたる仔細な計画が求められます。

これらの要素がしっかりと整えられて初めて、視聴者を引きつけ、リピーターになってもらえる魅力的なライブ配信が実現します。


サウンド設定 視聴者に快適なサウンド体験を提供する

サウンド設定 視聴者に快適なサウンド体験を提供する

マイク選びとそのセッティング

ゲームライブ配信で視聴者に快適なサウンド体験を提供するためには、マイクの選び方とセッティングが重要です。

良質なマイクは、配信者の声をクリアに拾い、周囲の雑音を最小限に抑えることができます。

特に配信においては、コンデンサーマイクがおすすめです。

これは、感度が高く、広範囲の周波数をカバーできるため、声の細かいニュアンスまで拾うことができます。

マイクのセッティングには、適切な位置と向きが非常に重要です。

マイクは口から約10センチメートルの位置に設置すると、自然な声のトーンとクリアな音質を得ることが可能です。

また、マイクの向きを少し下に向けることで、呼吸音やポップノイズの影響を軽減できます。

さらに、環境に合わせたゲイン調整も忘れてはなりません。

適切なゲイン設定によって、マイクが声だけを捉え、他の不要な音を拾わないようにすることができます。

このように、マイクの種類を選び、適切な位置と設定でセッティングすることが、配信時のサウンド品質を向上させ、視聴者にとって魅力的なオーディオ体験を実現します。

高品質なサウンドは、配信のプロフェッショナル感を高め、視聴者が快適に楽しめる空間を作り出すことに繋がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

オーディオインターフェースの役割と選択

オーディオインターフェースの役割はゲームライブ配信において中心的な位置を占めています。

このデバイスは外部のマイクや楽器、その他の音源からの音声信号をデジタルデータに変換し、PCが処理可能な形式で出力することが主な機能です。

良質なオーディオインターフェースを選ぶことで、クリアでプロフェッショナルなサウンド品質を視聴者に提供することが可能となります。

オーディオインターフェースを選ぶ際のポイントとして、まず入出力の数を考慮することが重要です。

配信に使用するマイクや楽器の数に合わせて、必要な入力ポートの数を確認しましょう。

また、高品質な録音ができるように、アナログからデジタルへの変換性能も確認が必要です。

高解像度のサポートがあるオーディオインターフェースは、細かな音のニュアンスも逃さずに録音することができます。

次に、ドライバの安定性や互換性も選定の大きな要素です。

使用するPCとの互換性を確認し、安定したドライバサポートがある製品を選ぶことで、ライブ配信中に音声が途切れるといったトラブルを防ぐことが可能です。

さらに、ミキシング機能やエフェクト処理を内蔵しているオーディオインターフェースなら、より多様な音声表現が楽しめます。

適切なオーディオインターフェースを選び、設定を最適化することで、配信のサウンドクオリティーを大きく向上させることができ、視聴者に快適なサウンド体験を提供することができます。

バックグラウンドノイズの軽減

バックグラウンドノイズの軽減は、ライブ配信中のサウンド品質を向上させ、視聴者に快適な視聴体験を提供するために重要です。

PCゲームの配信では、キーボードのタイピング音やマウスのクリック音、さらには部屋のエコーや外部からの騒音など、さまざまな不要な音が入りがちです。

これらの音を効果的に軽減する方法として、まずは物理的な環境を整えることが挙げられます。

配信用の部屋には防音材を設置するか、少なくとも厚手のカーテンやカーペットを用いて反響を抑えることが助けになります。

また、高品質なマイクの選択とその設定も非常に重要です。

指向性が強いマイクを使用すれば、不要な背景の音を拾いにくくなります。

マイクには適切なフィルターやポップシールドを使用し、不意な音の侵入を防ぎます。

さらに、ソフトウェアによるノイズキャンセリング機能も有効です。

多くのオーディオインターフェースやデジタルオーディオワークステーションがこの機能を提供しており、ノイズをデジタルレベルで削減することが可能です。

これらの対策を講じることで、クリアでプロフェッショナルなサウンド環境を構築でき、配信内容をより引き立てることができます。

視聴者がストレスなく配信を楽しめるように、常にサウンド設定の改善に努めることが望ましいです。

ゲーム配信用PCでのストレージ最適化

ゲーム配信用PCでのストレージ最適化

ゲームと配信データのストレージ要件

ゲーム配信用PCの選択において重要なのがストレージの最適化です。

ストレージはゲームの動作に直接影響を与えるため、ゲームと配信データの保存には適切なサイズと速度を持ったものが必須です。

ゲーム自体のインストールには数十ギガバイトを要することが多く、高画質でのストリーミング配信を行う場合には、さらに大量の書き込みスペースが求められます。

こうした背景から、最低限でも500GB以上のSSDが推奨されますが、1TB以上の容量があると余裕を持って配信活動ができます。

また、SSDの選択においては、読み書き速度が高速であることが重要です。

データの読み込み速度が速くないと、ゲーム中にローディングが遅れる原因となり得ますし、書き込み速度が遅いと配信中のビデオデータの保存に時間がかかり、配信のクオリティが低下してしまいます。

特にNVMe SSDはその高速性から、ゲーム配信用のPCには最適な選択と言えるでしょう。

さらに、ストレージの構成においては、OSとアプリケーション用に一つのドライブ、ゲームインストール用に別のドライブ、配信データ保存用にさらに別のドライブを用意するという分離が理想的です。

これにより、それぞれのドライブが専任することで読み書きの負荷が分散され、システム全体のレスポンスが向上します。

このような最適化を施すことで、ゲームのパフォーマンスと配信品質の両立が可能になります。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

SSDとHDDの使い分け

SSDとHDDの使い分けは、ゲームライブ配信用PCを構築する際に非常に重要です。

高速なアクセス速度が求められるOSやゲームプログラム、配信ソフトはSSDにインストールするのが最適です。

これにより、プログラムの起動時間が劇的に短縮され、ゲーム中のローディング時間も短くすることができます。

一方、録画したビデオファイルや一時ファイルなどの大容量データはHDDに保存すると良いでしょう。

HDDはSSDよりも1GBあたりのコストが低いため、大量のデータを経済的に保存できます。

また、SSDは書き込み回数に制限があるため、頻繁に書き換える大容量データをSSDに保存すると寿命が短くなる可能性があります。

そのため、長期間安定してストレージを使用するためには、SSDとHDDを上手に使い分けることが重要です。

ゲーム配信では、スムーズな配信を実現するためにSSDの速度を利用し、一方でコスト効率と持続可能性を考慮してHDDにデータを保存する方法が推奨されます。

この使い分けにより、効率的かつ経済的なPC環境を実現することが可能になります。

配信アーカイブの管理法

配信アーカイブの管理法は、長時間配信を行うゲーム配信者にとって、非常に重要です。

適切にアーカイブを管理することで、PCのパフォーマンスを維持し、必要なときにすぐに過去の配信内容を参照できるようになります。

まず、ゲーム配信用PCのストレージ容量を確認し、データの保存先を慎重に選ぶことが肝心です。

大容量のHDDはコストパフォーマンスが良く、長期間の配信アーカイブに向いていますが、アクセス速度の点でSSDに劣るため、最新のゲームや頻繁にアクセスするデータはSSDに保存することをお勧めします。

次に、アーカイブの整理方法ですが、配信データを日付やゲームタイトル、イベント名などで分類し、フォルダーを作成して整理することが有効です。

これにより、必要なデータを迅速に見つけることができます。

また、定期的にデータを見直し、不要になった古いアーカイブは削除することで、ストレージの空き容量を確保し、PCの負荷を軽減できます。

さらに、外部ストレージやクラウドサービスを利用してバックアップを取ることも重要です。

これにより、万が一のデータ損失やシステム障害が発生した場合でも、素早く元の状態に復旧することが可能になります。

特にクラウドサービスは、どこからでもアクセスできるため、外出先からでも配信の準備や確認が行えることが大きなメリットです。

以上のように、ストレージの選定と適切な管理、そして信頼できるバックアップ体制を整えることが、ストレスフリーで高品質なゲーム配信を続けるための鍵となります。

これらを心がけることで、配信アーカイブは常に最適な状態を維持し、いつでも高速にアクセス可能です。

エンゲージメント向上のためのインタラクティブ機能

エンゲージメント向上のためのインタラクティブ機能

チャットとインタラクションを活用した視聴者参加

ゲームライブ配信において視聴者の参加を促す一つの効果的な方法は、チャット機能を活用することです。

配信中に視聴者がリアルタイムでコメントを送れることで、配信者と視聴者間の対話が生まれ、エンゲージメントが高まります。

特に、視聴者のコメントや質問に直接返答することで、視聴者は自分の意見が配信に反映されると感じ、更に配信に没入しやすくなります。

さらに、視聴者が特定のアクションを起こすことでゲームの進行に影響を与えることができるインタラクティブ要素を取り入れることも、視聴者の興味を引きつける手段です。

たとえば、「視聴者投票によって次に進むルートを決める」といった形式は、視聴者にとってゲームの一部を体験しているような感覚を与え、配信をより楽しむことができます。

これらの機能を最大限に活用するためには、使いやすいチャットインターフェースを設定し、視聴者が参加しやすい環境を整えることが必要です。

また、配信者が応答を見逃さないよう、適切なモニタリングツールやアシスタントプログラムの使用も考慮されるべきです。

これにより、配信はよりダイナミックで視聴者にとって魅力的なものになります。


配信デザイン要素のカスタマイズ

配信デザイン要素のカスタマイズに注目することは、視聴者とのエンゲージメントを高め、ゲーム配信を一層魅力的にするために非常に重要です。

特に、バナーやオーバーレイ、アラートといった視覚要素は、視聴者の注意を引きつけるためのキーエレメントと言えます。

例えば、オーバーレイを利用して現在のゲームステータスやチャットメッセージを魅力的に表示させることができます。

これにより、視聴者はストリーム全体を通じてゲームの進行状況を簡単に把握できるようになります。

さらに、アラートは新しいフォロワーが参加した時や、寄付があった際にこれを視覚的に表現し、視聴者に対する感謝の意を示す素晴らしい手段です。

カスタマイズ性が高いこともこの機能の強みで、様々なアニメーションやサウンドを設定できるため、自分のスタイルに合わせて個性を表現することが可能です。

これらのデザイン要素を適切にカスタマイズし、配信の全体的なコンセプトと調和させることは、視聴者が継続的にチャンネルに戻ってくる理由の一つとなります。

したがって、配信のクオリティを向上させたいならば、これら要素に適切な投資をすることが推奨されます。

次に、これらのカスタマイズがどのように視聴者とのコミュニケーションを促進させるかを考え、実践してみましょう。

配信アラートと通知の活用

配信アラートと通知は、視聴者とのインタラクションを強化し、ストリーミング体験をよりダイナミックで楽しいものに変えることができます。

たとえば、新しいフォロワーが増えた時や、視聴者からのチップを受け取った際にぴったりなアラートを設定することで、その瞬間を特別なものにし、他の視聴者にも積極的な参加を促すことができます。

さらに、特定のキーワードがチャットで言及されたときに通知が出るように設定することで、配信者は重要なコメントや質問を見逃すことなく、すぐに反応することが可能になります。

こうした機能は、視聴者が自らの行動が直接配信に影響を及ぼしていることを感じるための大きな一歩です。

この体験は、視聴者にとって配信者との距離を縮め、より個人的なつながりを感じさせる効果があります。

それによって、視聴者は次回も配信を視聴したいと感じ、忠誠心が増すことでしょう。

要するに、配信アラートと通知の設定は、チャンネルを成長させ、ファンとの絆を深めるためには欠かせないツールです。

配信者をサポートするゲーミングアクセサリー

配信者をサポートするゲーミングアクセサリー

快適な配信を可能にする椅子とデスク

長時間にわたるゲームライブ配信では、配信者の快適性が非常に重要です。

特に、椅子とデスクはその快適性を支える基本的な要素であり、適切な選択は配信の質に直接影響します。

理想的なゲーミングチェアは、背中と首をしっかりと支えるデザインであることが求められます。

これにより、長時間座っていても体への負担が少なく、集中力を維持することができます。

また、調節可能なアームレストが付いていると、個々の体型に合わせて最適な位置に設定することができ、これがさらなる快適さを提供します。

一方、デスクについては、十分な広さがあることが重要です。

配信に必要な複数のモニターやストリーミング機材を置くためのスペースが確保されているかどうかが、効率的な配信活動を左右します。

さらに、ケーブル管理機能が充実しているデスクを選ぶと、配信環境が整理され、必要な機材がすぐに手の届くところにあるため、ストレスが軽減されます。

安定した構造を持つデスクは、激しいゲームプレイ中にも機材が動かないため、スムーズな配信が可能です。

これらの椅子とデスクを選ぶことは、ただ快適を保つだけでなく、ゲーム配信のパフォーマンスを高めるためにも核心的な要素であると言えるでしょう。

適切な椅子とデスクがあれば、配信者は長時間にわたる配信でも最高のパフォーマンスを発揮することができます。

キーストロークノイズを抑えるキーボード

配信中にキーストロークのノイズを抑えることは、視聴者にとって快適な視聴体験を提供する上で非常に重要です。

特にゲーム配信では、熱心なファンがゲームプレイに集中したいと考えていますので、余計なノイズは極力排除すべきです。

この問題を解決するためには、専用の静音キーボードが有効です。

静音キーボードは、特殊な設計や材料を用いることでキーストローク時の音を大幅に低減します。

例えば、柔らかい素材でキーキャップをコートしていたり、スイッチ自体が静音設計されているモデルがあります。

また、キーアクションの深さを調節できる製品もあり、タイピング時の打鍵感と音のバランスを自分好みに設定できるため、使用感も良好です。

さらにこれらのキーボードは、耐久性にも優れており、長時間の使用にも耐えうる設計となっています。

ゲーム配信者が視聴者に最も良い体験を提供するために、静音キーボードの導入をお勧めします。

それにより、ゲームの音と配信者の声だけがクリアに聞こえ、より多くの視聴者を引きつけることができるでしょう。

精密操作を支えるゲーミングマウスとマウスパッド

ゲーミングマウスとマウスパッドは、ゲーム配信者にとって欠かせないアクセサリーです。

特に精密な操作が求められるゲームでのパフォーマンス向上に直結し、視聴者に高品質なゲームプレイを提供することができます。

ゲーミングマウスは、一般的なマウスと比較して、感度が高く、dpi設定を細かく調整できるため、微調整が可能です。

これにより、狙いを定める精度が大幅に向上し、ゲーム内での反応速度も速くなります。

さらに、ゲーム配信中には長時間の使用が前提となるため、エルゴノミクスデザインが施されたマウスは手の疲れを軽減し、持続的な高パフォーマンスを支えます。

一方、マウスパッドはマウスの動きをスムーズにし、精度を保つ役割があります。

表面の素材によっては、滑りの具合が異なり、ゲーマーが最も快適と感じるフィーリングに合わせて選べます。

配信者がこれらのアクセサリーを選ぶ際には、自身のプレイスタイルやゲームのジャンルに最適な機能を持つ製品を選ぶことが大切です。

また、見た目にもこだわり、配信画面での視覚的な魅力も追求することができます。

これらのギアが同期し、最適化されることで、配信内容がより引き立ち、ファンとの接続も深まるでしょう。

プロフェッショナルなゲーム配信を目指すなら、適切なゲーミングマウスとマウスパッドの選択は必須のステップと言えるでしょう。

あわせて読みたい

必見! 映像制作用パソコンの最新性能比較とおすすめモデル

ちょっとええゲーミングPC

長時間作業もラクラク! Core i7搭載おすすめ耐久性PC

静音PC探求道

BTOパソコン選び! フルカスタマイズで理想を現実に

BTOパソコンはBuild To Orderの略

最高の視聴体験を提供する! おすすめライブ配信PCの裏技

ゲーミングPC探訪

静音PCマスターガイド 最新おすすめ仕様と購入ポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

RTX4080 SUPERの力を信じて! 次世代VR ゲーミングPC構築の秘訣

BTOゲーミングPCランキング

創造力爆発! Stable Diffusion稼働のおすすめ高速PC

ちょっとええゲーミングPC

スペックで比較する! パソコンの性能確認完全マニュアル

BTOパソコンはBuild To Orderの略

プロの技を支えるPC AIイラスト自動生成で求められるスペック完全解説

BTOゲーミングPCランキング

AI画像生成PC必要スペック 用途に応じた最良の選択

ちょっとええゲーミングPC

ゲームが変わる速度と品質 おすすめRTX4080 SUPERゲーミングPC分析

静音PC探求道

静音PCおすすめランキング 2024年最新エディション

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

AIイラストクリエイター向けの最強おすすめPC

ゲーミングPC探訪

音楽制作PCの知識アップデート 今DAWの作曲家が選ぶべきスペックとは?

BTOパソコンはBuild To Orderの略

2024年最新版!パソコンBTOおすすめ構成パターン

BTOゲーミングPCランキング

快適作業の新基準! WEBデザイナー向けパソコンのおすすめ仕様

静音PC探求道

ベストパフォーマンス! 動画制作者向け最強パソコン決定版

ちょっとええゲーミングPC

カスタマイズ力抜群! 注文前に知るべきパソコン構成の黄金比

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ガチゲーマーのためのRTX4080 SUPER ゲーミングPC ⁠究極のパフォーマンス

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCビルダーが明かす 究極のおすすめカスタマイズ術

BTOゲーミングPCランキング

ライブ配信向けおすすめPC選定 効率的に選ぶ方法

BTOパソコンはBuild To Orderの略

動画制作に最適なパソコン選び 性能別おすすめモデル紹介

静音PC探求道

ゲーム用パソコンの極意 プロゲーマーとストリーマーの選択

ゲーミングPC探訪

完全攻略 動画制作者が選ぶべきパソコンの性能とは?

ちょっとええゲーミングPC

最高のゲーム実況体験を! 選ぶべきおすすめPC特集

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

おすすめゲーミングPCが明かす! 最強パフォーマンスを叶える絶対条件

BTOゲーミングPCランキング

プレミアムな業務用おすすめハイエンドPCセレクション

ちょっとええゲーミングPC

映像制作専用パソコンの極意 編集スタジオの選択肢

静音PC探求道

ゲーミングPC 寿命を判断し、次世代モデルを選ぶ方法

BTOパソコンはBuild To Orderの略

BTOパソコン徹底比較 トップ性能を引き出すハードウェア選び

ゲーミングPC探訪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次