パソコンの選び方ディープダイブ おすすめスペック解説

目次

パソコン選び方の基本知識

パソコン選び方の基本知識

用途別のスペック要件

用途別のスペック要件を考慮したパソコンの選び方は、それぞれのニーズに応じた最適な製品を見つけ出すために重要です。

学生や一般消費者向けのモデルでは、文書作成やインターネットの閲覧が主な用途ですので、比較的低めの処理能力でも問題ありません。

一方で、グラフィックデザインや動画編集を行うプロフェッショナルな利用者には、高性能なCPUと大容量のRAM、高速のグラフィックカードが必要です。

また、ゲーミングPCの場合、最新のAAAタイトルを快適に楽しむためには、最上位クラスのグラフィックカードと高速処理を実現するCPU、十分な冷却能力を備えた構成が推奨されます。

ラップトップを選ぶ際には、持ち運びやすさも考慮する必要があり、軽量であることやバッテリー寿命の長さも重要な選択基準となります。

このように、目的ごとに最適なパフォーマンスと特性を有したパソコンを選定することが、長期にわたる使用での満足度を高めるためには不可欠です。

OSの選び方 Windows vs macOS vs Linux

パソコンを選ぶ上で最も重要な選択の一つがオペレーティングシステム(OS)です。

OSとは、パソコンの基本的な操作や管理を行うソフトウェアのことで、その選択は使用感や互換性、セキュリティに大きく影響します。

現在主流となっているのはWindows、macOS、Linuxの三つです。

Windowsは世界中で最も広く使われているOSで、その対応アプリケーションの豊富さが最大の特長です。

仕事やプライベートで幅広いソフトウェアが必要な方には最適です。

また、ゲームやビジネスアプリケーションのサポートも充実しています。

一方、macOSはApple製品にのみ搭載されているOSです。

デザイン性や直感的な操作性が高く評価されており、クリエイティブな職業に就いている方に推奨されることが多いです。

Apple製品間の連携もスムーズで、iPhoneやiPadとの互換性を求める場合には特に便利です。

Linuxはオープンソースで、自由にカスタマイズが可能ですので、情報技術の専門家や開発者から支持されています。

多くのバリエーションが存在し、特定の用途に最適化されたものを選ぶことができます。

また、多くのLinuxディストリビューションは無料で提供されているため、コストを抑えたい方にも適しています。

これらのOSを選ぶ際には、使い勝手や互換性、セキュリティの面から、自身の用途に最適なものを見極めることが重要です。

それぞれのOSが持つ独自の特長を理解し、それに基づいた選択をすることで、パソコンとのより良い関係を築くことができます。

予算設定とコストパフォーマンス

予算設定はパソコン選びにおいて最も重要なステップの一つです。

適切な予算の範囲を事前に設定することで、無駄な出費を避け、最適なコストパフォーマンスを実現するパソコンを見つけることができます。

例えば、基本的な文書作成やインターネットの閲覧が主な用途であれば、高性能なグラフィックカードや大容量のRAMは必要ありません。

逆に、ビデオ編集やゲームなどの重い処理を主に行う場合は、これらのスペックが重要になります。

そのため、用途に応じたスペック要件を明確にすることが、予算設定の精度を高める鍵となります。

また、市場の調査を行うことも重要です。

同じスペックであっても、ブランドや製品によって価格は大きく異なることがあります。

価格比較サイトやユーザーレビューを参考にしながら、最もコストパフォーマンスに優れたモデルを選ぶことが賢明です。

さらに、セール時期を狙うことで予算内でも高スペックなパソコンを購入するチャンスが増えます。

最後に、将来的なアップグレードの可能性を考慮することも大切です。

初期投資を抑えつつ、将来的にメモリやストレージを増設できるモデルを選ぶことで、長期的に見て経済的な選択となります。

このようにして、予算内で最大限の価値を得るための計画を立てることが、パソコン選びの成功へとつながります。

プロセッサの選び方と性能比較

プロセッサの選び方と性能比較

CPUの種類と速度について

CPU、つまり中央処理装置はパソコンの心臓部とも言える部分で、その性能がパソコン全体の快適さを左右します。

現在市場には、IntelとAMDという二大メーカーから多岐にわたるモデルが提供されており、各々に特徴があります。

例えば、IntelのCoreシリーズにはi3、i5、i7、そしてi9というラインナップがあり、数字が大きいほど高性能ですが、それに伴い価格も上昇します。

一方、AMDのRyzenシリーズも同様に、3、5、7、9という形で性能と価格が段階的に配置されています。

それぞれのCPUは、クロック速度やコア数、スレッド数といった技術的な指標によって性能が異なります。

クロック速度はGHz(ギガヘルツ)単位で示され、これが高いほど1秒間に多くの処理を行うことが可能です。

また、コア数が多いほど複数の作業を同時に効率的に行うことができ、スレッド数が多いCPUは一つのコアで複数の処理を同時に処理できるため、マルチタスク環境でのパフォーマンスが向上します。

このように多様な選択肢がありますので、使用するソフトウェアや目的に応じて、適切なCPUを選ぶことが重要です。

高解像度のビデオ編集や3Dレンダリングなどの重い作業を行う場合は、高いスペックが要求されるため、Core i7やi9、Ryzen 7や9が推奨されます。

一方で、文書作成やウェブ閲覧といった軽い用途であれば、Core i3やRyzen 3で十分な場合もあります。

選び方のポイントとしては、将来的にも快適に使用したい場合には、多少予算をかけてでも上位モデルを選択することで、長期にわたってのパフォーマンスの低下を防げるかもしれません。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40947 2400 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40896 2341 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40896 2341 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38378 2063 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38303 2034 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35315 2218 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35315 2218 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33576 2192 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33576 2192 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32357 2087 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32357 2087 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29094 2025 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28696 1955 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26888 2030 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24505 2088 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24505 2088 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21955 1936 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20252 2001 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19399 1924 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17634 1803 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15958 1765 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15958 1765 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15204 1967 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9025 1734 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9025 1734 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

コア数とマルチタスク処理

プロセッサを選ぶ際、コア数は非常に重要な要素です。

コア数が多いほど、パソコンは複数のプログラムやタスクを同時に処理する能力が高まります。

たとえば、ビデオ編集をしながら他のアプリケーションを使用する場合や、数多くのタブを開いてのウェブブラウジングがスムーズになると期待できます。

これは、各コアが個別のタスクを担うため、一つのタスクがプロセッサ全体の処理能力を占めることなく、複数の作業が平行して行えるからです。

しかし、コア数だけでプロセッサの性能が決まるわけではありません。

プロセッサの設計やその他の技術的要素も大きな影響を与えますが、一般的にマルチタスク処理を多く行うユーザーは、より多くのコアを持つプロセッサを選ぶ利点があります。

特に、クリエイティブな作業やエンジニアリングなどの計算資源を大量に消費するアプリケーションを頻繁に使用する場合、高いマルチタスク処理能力は作業の効率を格段に向上させます。

この点を考慮して、プロセッサ選びにおいては、使用するソフトウェアやアプリケーションの種類とそれらのリソース要求に適したコア数を見極めることが不可欠です。

ハードウェアの能力がソフトウェアの要求を上回っていることを保証することで、快適なコンピューティング環境を確保できます。

プロセッサの選択は、ただ最新かつ高コストの製品を選ぶのではなく、自分の実際の使用状況とニーズに基づいて慎重に行うべきです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DB

ソリッドなパフォーマンスと先進技術が融合したゲーミングモデル
64GBの大容量メモリと高速NVMe SSDでスムーズなアクセスの快速スペック
NZXT H6 Flow Whiteのクリーンな白を基調としたデザインが部屋を明るく彩るPC
ハイエンドの心臓、Core i9 14900で多忙なタスクもストレスフリー

【ZEFT Z47DB スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DB

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DZ

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DZ

力と美を兼ね備えた、ユーティリティフォーカスの新時代ゲーミングPC!
最新ゲームも快適プレイ!バランス良好な32GB RAMと迅速な1TB SSDが駆動力
Corsairの流麗なデザイン、そのクリアサイドが放つ美しさが、部屋を彩るマシン
Ryzen 9 7900X搭載、シームレスなマルチタスクを実現するパワーハウス

【ZEFT R56DZ スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DZ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

プロフェッショナルグレードの実力、あらゆるゲームを極限まで引き出すゲーミングPC
最新のRTX 4070Tiと32GB RAMのバランスで、スペックの限界を超えろ
H5 Flowケースのクリアな美しさ、NZXTのミドルタワーが構築する洗練された空間
i7-14700KF、2023年リリースのパワーであらゆる作業を快適に

【ZEFT Z45GR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GR

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FE

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FE

快適ゲーミング & パワフルワーク、このマシンに託せ
コンパクトさが特権、クリアビューで光る存在感
グラフィック描写、RTX 4060でリアルに迫る
高速Wi-Fi 6E & ロバストな構成、信頼性の結晶

【ZEFT R53FE スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49LA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49LA
【ZEFT Z49LA スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49LA

メモリ(RAM)の重要性とおすすめ容量

メモリ(RAM)の重要性とおすすめ容量

RAMの種類と速度

RAMの種類と速度は、パソコンの全体的な性能に大きな影響を及ぼします。

現在市場には、主にDDR3、DDR4、およびDDR5といった種類のRAMが存在します。

各種が持つ速度と技術は異なり、新しい世代ほど高速で効率的です。

たとえば、DDR4はDDR3に比べて消費電力が低く、データ転送速度が速いため、よりスムーズなコンピュータ操作が可能となります。

さらに、最新のDDR5はDDR4と比較しても、また一段と高速であり、特にゲーミングや高負荷のグラフィックデザイン作業において顕著な性能向上を見せます。

さらに、RAMのパフォーマンスは「クロック速度」と「タイミング」で評価されます。

クロック速度が高ければ高いほどデータの処理は速く行われますが、タイミングが低いほどそれに応じて応答性も向上します。

このバランスに注意を払いながら、使用目的に応じたRAMを選択することが重要です。

例えば、一般的なオフィス用途であれば、それほど高速なRAMを必要とせず、コストパフォーマンスの良いものを選ぶことができます。

しかし、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かしたい、高解像度のビデオ編集やゲームを楽しみたいといった場合は、高速かつ大容量のRAMを選ぶことが望ましいです。

このように、パソコンを選ぶ際は、単に「量」だけでなく「質」も考慮してRAMを選ぶ必要があります。

そしてそれが、望むパソコン性能を実現するための鍵となるのです。

メモリの選び方と将来のアップグレード

メモリの選び方においては、使用する目的と将来のニーズを考慮する必要があります。

一般的なホームユースやオフィス作業であれば、8GBから16GBのメモリで十分ですが、高度なビデオ編集や大規模なデータ処理、ゲームなどの重いアプリケーションを扱いたい場合は、16GB以上を推奨します。

特に、プロフェッショナルな用途で高速処理が求められる場合には32GBやそれ以上が望ましいでしょう。

将来的なアップグレードを見据えたメモリの選び方も重要です。

例えば、初期投資を抑えつつも将来的な拡張性を確保するために、購入時は必要最低限のメモリで済ませ、後から追加できるようなパソコンを選ぶ方法があります。

これには、メモリスロットが複数あるモデルを選び、空きスロットを確保しておくことが肝要です。

さらに、将来的にメモリの価格が下がる可能性も考えると、初期のコストを抑えつつ、必要に応じて容易にアップグレード可能な選択をするのが賢明です。

メモリを選ぶ際には、現在及び将来のアプリケーションの要求に応えられるかどうかをしっかりと評価し、自身の使用目的に最適化されたパソコン選びを行うことが大切です。

ストレージの選び方 HDDとSSDの違い

ストレージの選び方 HDDとSSDの違い

スピードと容量のバランスを見極める

ストレージを選ぶ際、HDDとSSDではそれぞれ速度と容量のバランスが大きく異なります。

SSDは高速性が特徴で、システムの起動やアプリケーションの読み込みが速いため、作業効率が格段に向上します。

一方、HDDはSSDに比べると読み書きの速度は劣りますが、同じ価格でより多くのデータを保存できるため、コストパフォーマンスに優れています。

具体的な使用目的を考えると選択がさらに明確になります。

例えば、動画編集や大規模なデータベースを扱う場合は、高速なデータアクセスが求められるため、主存儲にSSDを選ぶことが適切です。

それに対して、大量の写真や映像を保存するなど、容量を重視する用途では、HDDが適しています。

また、最近ではSSDの価格も下がってきており、小容量ながらSSDを選ぶことが一般的になりつつあります。

しかし、大容量を安価で確保したい場合や、保存用のセカンダリドライブとして、HDDを選ぶという方法もあります。

このように、使用する目的によって最適なストレージタイプは異なるため、パソコンを選ぶ際には、これらの特性を理解し、自身のニーズに合ったバランスを見極めることが重要です。

速度と容量、それぞれの長所を活かしたストレージ選びが、使い勝手の良いパソコンへとつながります。


クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

ハイエンドなゲーミングPC、アドバンスドクラスの性能でゲーム世界へと誘う
RTX 4070搭載、ミドルタワーに凝縮されたパワフルバランスが魅力
エレガントなホワイトデザイン、NZXT H7 Flow、内部が輝くRGBケース
Core i7 14700KF搭載、最先端技術でシームレスなパフォーマンスを実現

【ZEFT Z45AGA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AQ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AQ

ハイパフォーマンスとプライスパフォーマンスを兼ね備えたハイパフォーマンス、日常を加速するゲーミングPC
圧巻の32GB DDR5とRTX? 4070が実現するバランス良好なスペック、ゲーマーのマストアイテム
NZXT H6 Flow Whiteケースでスタイリッシュに、クールに、あらゆるセットアップを引き立てるPC
最新のCore? i7-14700Fプロセッサ、マルチタスクでも高速に動作

【ZEFT Z47AQ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AQ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AZ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AZ
【ZEFT Z52AZ スペック】
CPUIntel Core i7 14700K 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AZ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52W

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52W
【ZEFT Z52W スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52W

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45E

パワーユーザーも納得の高性能、クリエイティブを加速するゲーミングPC
バランス良く実力を発揮する、快適作業と高速プレイをコミット
シックでモダンな外観、ミドルタワーケースがデスクを飾る
頼れるパフォーマンス、最新の「Core i5」があらゆるタスクを力強くサポート

【ZEFT Z45E スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45E

ストレージの種類と信頼性

ストレージの選び方において、HDDとSSDの違いを把握することは非常に重要です。

HDD(ハードディスクドライブ)は、磁気ディスクを使用してデータを記録する従来のストレージ方式であり、大容量のデータを低コストで保存できる利点があります。

一方、SSD(ソリッドステートドライブ)は、フラッシュメモリを用いた新しいタイプのストレージで、HDDに比べて読み書き速度が格段に速く、耐衝撃性に優れています。

これにより、パソコンの起動時間やアプリケーションのレスポンスが大幅に向上します。

信頼性の面で見ると、SSDはHDDよりも故障率が低い傾向にあります。

これは、SSDが可動部分を持たないため、物理的な摩耗が少なく、振動や温度変化に強いことが理由です。

しかし、長期間同じデータを保存し続ける場合には、SSDのデータ保持能力が低下する可能性がある点を留意する必要があります。

一方で、HDDは時間の経過とともにディスクの摩耗や機械的な故障のリスクが増すため、定期的なバックアップが重要です。

ストレージを選ぶ際には、使用目的や必要な容量、予算などを考えると良いでしょう。

大量のデータアーカイブにはコストパフォーマンスに優れたHDDが適している場合が多く、高速で効率的なシステムを求める場合にはSSDが推奨されます。

信頼性とパフォーマンスのバランスを考慮したうえで、最適なストレージを選定することが求められます。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

グラフィックスカードを選ぶポイント

グラフィックスカードを選ぶポイント

内蔵グラフィックと専用グラフィックの違い

パソコンを選ぶ際、グラフィックスカードは非常に重要な要素ですが、選択肢として内蔵グラフィックか専用グラフィックかという点が注目されます。

内蔵グラフィックとは、プロセッサに内蔵されているグラフィック機能のことを指し、別途グラフィックスカードを必要としないため、コストを抑えることが可能です。

主に一般的なオフィスワークやインターネットの閲覧、軽い画像編集などで十分な性能を発揮します。

一方、専用グラフィックカードは、高度なグラフィック処理が必要な作業に最適です。

ビデオ編集や3Dモデリング、高解像度のゲームなど、より多くのグラフィックスパワーを要求するアプリケーションを使用する際には、専用グラフィックカードが求められます。

専用グラフィックカードは、内蔵グラフィックよりも強力な性能を備えており、独立したメモリを利用するため本体のRAMを圧迫することなく、スムーズな映像処理を実現します。

したがって、パソコンの使用目的が明確であれば、その用途に合ったグラフィックカードを選ぶことがポジティブな結果につながります。

例えば、ビジネス用途や勉強用として基本的な機能で足りる場合は内蔵グラフィックで十分かもしれませんが、グラフィックデザインやゲーミングなどの用途では、専用グラフィックカードの選択が理想的です。

このように、パソコン選びにおけるグラフィックスカードの理解は、最適なマシンを選定する上で重要な判断基準となります。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35952 73562 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29897 72862 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28950 67811 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26004 66997 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23580 55222 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19801 50095 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19116 50739 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17856 45533 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16883 42124 245W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13375 34792 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13375 34346 160W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13259 34165 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12386 30149 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10757 31499 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10588 28366 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10579 27292 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7290 19471 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6232 15920 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ビデオメモリの意味とおすすめスペック

ビデオメモリは、グラフィックスカード内部に存在しており、画像や映像処理時に利用されるデータを一時的に保持する役割を果たします。

画質の向上、高解像度でのスムーズな表示、複雑なグラフィック処理が可能になるため、特にゲームや動画編集、CADなどのグラフィック集約型のアプリケーションを使用する際にその性能が重要になります。

ビデオメモリの容量が大きいほど多くのデータを同時に処理でき、高解像度での作業やゲームプレイが快適に行えます。

例えば、4K解像度でゲームを楽しむ場合や、プロフェッショナルなビデオ編集を行う場合には、少なくとも4GB以上のビデオメモリを推奨しますが、最適なスペックは使用するアプリケーションやその他のシステム要件によって変わります。

近年では、8GBやそれ以上のビデオメモリを搭載したグラフィックスカードも普及しており、これによりより複雑なテクスチャやエフェクトを高速に処理できるようになりました。

特に高度なグラフィック設定でのゲームプレイや3Dモデリング、大容量のビデオ編集を行う場合には、これら高容量のビデオメモリが大きなアドバンテージを提供します。

従って、パソコンを選ぶ際には、使用するアプリケーションの要求するグラフィックス処理能力をしっかりと理解し、それに見合ったビデオメモリを搭載したグラフィックスカードの選定が必要になるのです。

プロならではの作業を行うには適切なツール選びが重要であり、その中心には強力なビデオメモリがあります。

ディスプレイの選び方と必要解像度

ディスプレイの選び方と必要解像度

画面サイズとアスペクト比の選定

ディスプレイのサイズとアスペクト比はパソコン選びにおいて非常に重要です。

画面の大きさは使い勝手や携帯性に大きく影響し、ディスプレイが大きければ大きいほど多くの情報を一度に表示することが可能ですが、逆に持ち運びには不便になる可能性があります。

たとえば、15インチ以上のディスプレイはビデオ編集や大規模なデータを扱う作業に適していますが、外出先での使用には少々不向きです。

一方、12インチから14インチ程度のディスプレイはモバイルユースに最適で、バランスの良い選択と言えるでしょう。

また、アスペクト比については、一般的に16:9が多く採用されていますが、これは映画やゲームといったエンターテイメントコンテンツの表示に最適です。

一方で、文書作成やプログラミングなどの作業を行なう場合には、より縦長の16:10や3:2といったアスペクト比が選ばれることもあります。

これらのアスペクト比は縦のスペースが広く取れるため、一画面での情報量が増え、作業効率が向上することが期待できます。

ディスプレイのサイズとアスペクト比を選ぶ際には、使用目的を明確にすることが重要です。

どのような用途でパソコンを主に使用するかによって、最適な選択肢は異なってきますので、自身のライフスタイルや作業内容に合わせて検討することが求められます。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BVA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BVA

ゲームからクリエイティブまで、才能を解き放つ
高速32GBメモリと軽快な2TB SSDで、パフォーマンスのバランスが完璧
洗練されたホワイトHZXT H7 Flow、冷静と情熱が共存するデザイン
Core i9-14900KF、最新かつ最速でプロフェッショナルな結果を瞬時に

【ZEFT Z45BVA スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BVA

パソコンショップSEVEN ZEFT R47M

パソコンショップSEVEN ZEFT R47M

力強いパフォーマンスを誇る、真のゲーマーのためのマシン
最新ゲームも快適に動かす、強力なバランス仕様
クリアサイドパネルで魅せる、スタイリッシュなミドルタワーケース
新時代のプレイを支えるRyzen 5 7600、パワフルな心臓部

【ZEFT R47M スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47M

パソコンショップSEVEN ZEFT R52CE

パソコンショップSEVEN ZEFT R52CE
【ZEFT R52CE スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52CE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45R

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45R

ハイスペックレベルのゲーミングPC、創造を解き放つスムーズなパフォーマンスを
64GBメモリと2TB SSD NVMe、速度と容量の黄金バランスを体感せよ
MasterBoxから生まれたクールデザイン、迫力の視界をクリアサイドパネルで楽しむマシン
最新のi5-14600KF、パワフルな処理能力が重厚なゲームも快適にプレイ

【ZEFT Z45R スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45R

ディスプレイの種類と視認性

ディスプレイの種類について選ぶ際、まず考慮すべき点はその技術と素材です。

一般的に、液晶ディスプレイ(LCD)と有機ELディスプレイ(OLED)の二つが主流とされています。

液晶ディスプレイはバックライトによって画面を表示し、価格が比較的手頃であるため、多くのパソコンで採用されています。

一方、有機ELディスプレイは自発光型であり、黒色の表現が非常に優れていて、色のコントラストが鮮やかであるため、映像編集やデザイン作業に向いています。

さらに、ディスプレイの解像度にも注目する必要があります。

解像度が高いほど、より細かいディテールをクリアに表示することができます。

一般的な用途であれば、フルHD(1920×1080ピクセル)で十分ですが、精密なグラフィック作業をする場合は、4K(3840×2160ピクセル)以上の解像度の選択が推奨されます。

視認性を確保するためにも、使用するシーンや目的に応じて適切な解像度のディスプレイを選ぶことが大切です。

これにより、目の疲れを軽減し、長時間の作業でも快適に過ごすことが可能になります。

入出力ポートと接続性 必要なインターフェースを知る

入出力ポートと接続性 必要なインターフェースを知る

ポートの種類とそれぞれの用途

パソコンを選ぶ際に、どのようなポートが必要かは非常に重要な要素です。

最も一般的なUSB(ユニバーサル・シリアル・バス)ポートは、周辺機器を接続するために広く使用されています。

例えば、フラッシュドライブからプリンター、外部ハードドライブに至るまで、多くのデバイスがUSBポートを通じてパソコンに接続されます。

USBポートにはいくつかのタイプがあり、最新のUSB 3.1やUSB-Cはデータの転送速度が非常に速いことが魅力的です。

一方、映像出力にはHDMIやDisplayPortが使用されます。

これらのポートを通じて、モニターやプロジェクターなど、大画面での映像出力が可能となります。

HDMIは家庭用のテレビやゲーム機でも一般的に使われており、互換性の高さが利点です。

また、ネットワーク接続では、無線接続だけでなく、Ethernetポートが備わっていることが望ましいです。

特に大量のデータ転送や安定した速度が求められるオフィス環境では、有線の接続が重要になります。

音声出入力では、標準的なオーディオジャックが使われることが多く、ヘッドセットやスピーカーとの接続に必要です。

これにより、ビデオ会議やマルチメディアの楽しみが一層向上します。

これらのポートは、使用するデバイスやその用途によって必要とされるものが異なりますので、購入前にはどのポートがどれだけ必要かをきちんと把握しておくことが求められます。

それによって、効率良く作業を進めることが可能となり、パソコンの機能を最大限に活用できるようになります。

拡張性考慮とUSB規格の理解

パソコンを選ぶ際に拡張性は非常に重要な要素です。

特に、USBポートに関しては、その種類と性能が直接使い勝手に影響を及ぼします。

現在市場には、USB 2.0、USB 3.0、USB 3.1、そして最新のUSB 4が存在し、それぞれデータ転送速度が異なります。

USB 2.0は最大480Mbpsの速度ですが、USB 3.0は約10倍の5Gbps、USB 3.1ではさらに速い10Gbpsを実現し、USB 4では最大40Gbpsと非常に高速です。

多くのユーザーにとって、外部デバイスの接続は日常的な作業となっており、例えば、高解像度のビデオデータを扱うビデオエディターや、大容量のデータを頻繁に移動させるデータアナリストにとって、速度は重要な要因です。

高速なUSBポートは、これらの作業を効率的かつスムーズに行うために必要不可欠です。

また、将来的には、更なるデバイスの追加やアップグレードを考慮すると、USBポートの数自体も重要です。

パソコンに少なくとも3つ以上のUSBポートが含まれていることで、キーボード、マウス、外付けドライブなど複数のデバイスを同時に接続する余裕が生まれます。

このようにして、USBの規格とポート数はパソコンの選び方では欠かせないポイントであり、ユーザーの使用目的に応じて適切な選択をすることが求められます。

高速なデータ転送を保証するUSBポートを備えたモデルは、時間を節約し、生産性の向上にもつながります。


バッテリー寿命とパソコンの持続性について

バッテリー寿命とパソコンの持続性について

バッテリー使用時間の見積もり方

バッテリー使用時間の見積もり方は、パソコン選びにおいて非常に重要な要素です。

新しいパソコンを選ぶ際には、バッテリーの性能がどれほど持続するかを知ることが必要です。

多くのメーカーは、バッテリーの持続時間を「最大使用時間」として公表していますが、これはあくまで理想的な使用条件下での数値です。

実際の使用状況では、使用するアプリケーションの種類や画面の明るさ、Wi-Fiの使用有無などによって大きく異なるため、これを基準にするだけでは不十分です。

実際には、パソコンのバッテリー持続時間を見積もるためには、日常的に行う作業を考慮に入れた上で検討する必要があります。

例えば、ビデオ編集や高度なグラフィック作業を行う場合、プロセッサとグラフィックカードが高負荷になり、バッテリーをより多く消耗します。

一方で、テキスト作業やウェブサーフィンのような軽作業であれば、バッテリー持続時間は格段に延びるでしょう。

また、バッテリー性能の実際の評価を見るためには、第三者機関が行ったテスト結果や、ユーザーレビューを参考にするのが効果的です。

これらは実際の使用状況に近い情報を提供してくれるため、より実際に近いバッテリー使用時間を把握するのに役立ちます。

このようにして、パソコンの持続性能をしっかりと評価することで、長時間の作業でも安心して使えるモデルを選ぶことができます。

消費電力と省エネルギー設計のチェックポイント

パソコンを選ぶ際に見逃せないのが、消費電力と省エネルギー設計です。

これは、長時間の使用でも電気代を抑えられるだけでなく、環境への配慮にもつながります。

特に、長時間の作業を要求されるビジネスシーンや、外出が多いモバイルユーザーにとって重要な要素です。

そのため、消費電力が低く、効率的にエネルギーを活用するモデルを選ぶことが求められます。

消費電力の低さを示す指標のひとつが、省エネルギー認証マークです。

例えば、エナジースター認定を受けた製品は、国際的な基準に則ってエネルギー消費効率が高いと評価されています。

これらの認証マーク付きのパソコンは、消費電力が少なく、長期間にわたってコストパフォーマンスに優れています。

また、最新のプロセッサーは以前のモデルに比べて、より高い計算能力を持ちながらも、効率的に電力を使用する設計がされています。

そのため、パフォーマンスが要求されるヘビーユーザーでも、電力消費を抑えることが可能です。

これにより、作業効率だけでなく、電気代節約やバッテリー長持ちの観点からも最適な選択ができます。

省エネルギーを考慮したパソコン選びは、経済的なメリットだけでなく、使い勝手の改善にも寄与します。

そのため、購入前にはスペックだけでなく、消費電力や省エネルギー設計についても詳しくチェックして選ぶことが大切です。

おすすめパソコンスペック解説とモデル紹介

おすすめパソコンスペック解説とモデル紹介

最新トレンドの技術と搭載スペック

最新のパソコン選びでは、デュアルコアからクアッドコア、さらにはオクタコアのプロセッサに至るまで、多様なCPUが搭載されていますが、一般的な使用ではクアッドコアが最適です。

メモリに関しては、最低でも8GBを推奨しますが、より快適なマルチタスク処理のためには16GB以上を選択すると良いでしょう。

グラフィックス性能は、ビデオ編集やゲーミングを行う場合に特に重要です。

独立したグラフィックカードを搭載しているモデルを選ぶことで、高解像度の動画処理能力が格段に向上します。

また、ストレージにはSSDが推奨される傾向にあります。

SSDはHDDに比べて読み書き速度が速く、システム全体の反応速度を向上させるため、操作感に大きな差が出ます。

1TB以上の容量を持つSSDを選ぶことで、OSや必須アプリケーションの快適な運用が可能です。

さらに、画面解像度も重要な選択肢となります。

フルHD(1920×1080)以上を提供するディスプレイを選ぶことで、鮮明な画質での作業が可能となり、目の疲れを軽減する効果も期待できます。

したがって、様々な用途に対応できるパソコンを選ぶ際は、これらのスペックを総合的に考慮することが重要です。

特に、仕事や趣味で高度な処理能力を求めるユーザーにとっては、上述したスペックが基本となります。

各ユーザーのニーズに合わせた機種を選ぶことで、満足のいくパソコンライフを送ることができるでしょう。

市場で人気のモデル比較と選び方のヒント

市場で人気のパソコンモデルを比較する際に注目すべき点は、まずプロセッサの性能です。

例えば、インテルのCore i7とAMDのRyzen 7は、高性能を求めるユーザーに適していますが、日常的な用途ならCore i5やRyzen 5も十分です。

次に重要なのがメモリで、最低8GBは欲しいところですが、多くのタブやアプリを同時に使う方なら16GB以上がおすすめです。

また、ストレージに関しては、SSDが標準的になりつつあります。

起動速度やアプリケーションの読み込み速度が格段に向上するため、1TB以上のSSDは今や必須と言えるでしょう。

画面サイズも購入を考えるうえで重要です。

もし持ち運びを考えるなら、13インチから15インチ程度が扱いやすいですが、デスクトップの代わりとして使用するなら、17インチ以上の大画面が効果的です。

これらのスペックがどのように組み合わされているかを比較し、使用目的に最も合致したモデルを選ぶことが重要です。

パフォーマンスだけでなく、バッテリー持続力や重量、デザインも選択の要素となります。

最終的には、これらの要素を総合的に判断し、最もバランスの良いモデルを選ぶことが賢明です。

あわせて読みたい

必見! 映像制作用パソコンの最新性能比較とおすすめモデル

ちょっとええゲーミングPC

長時間作業もラクラク! Core i7搭載おすすめ耐久性PC

静音PC探求道

BTOパソコン選び! フルカスタマイズで理想を現実に

BTOパソコンはBuild To Orderの略

最高の視聴体験を提供する! おすすめライブ配信PCの裏技

ゲーミングPC探訪

静音PCマスターガイド 最新おすすめ仕様と購入ポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

RTX4080 SUPERの力を信じて! 次世代VR ゲーミングPC構築の秘訣

BTOゲーミングPCランキング

創造力爆発! Stable Diffusion稼働のおすすめ高速PC

ちょっとええゲーミングPC

スペックで比較する! パソコンの性能確認完全マニュアル

BTOパソコンはBuild To Orderの略

プロの技を支えるPC AIイラスト自動生成で求められるスペック完全解説

BTOゲーミングPCランキング

AI画像生成PC必要スペック 用途に応じた最良の選択

ちょっとええゲーミングPC

ゲームが変わる速度と品質 おすすめRTX4080 SUPERゲーミングPC分析

静音PC探求道

静音PCおすすめランキング 2024年最新エディション

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

AIイラストクリエイター向けの最強おすすめPC

ゲーミングPC探訪

音楽制作PCの知識アップデート 今DAWの作曲家が選ぶべきスペックとは?

BTOパソコンはBuild To Orderの略

2024年最新版!パソコンBTOおすすめ構成パターン

BTOゲーミングPCランキング

快適作業の新基準! WEBデザイナー向けパソコンのおすすめ仕様

静音PC探求道

ベストパフォーマンス! 動画制作者向け最強パソコン決定版

ちょっとええゲーミングPC

カスタマイズ力抜群! 注文前に知るべきパソコン構成の黄金比

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ガチゲーマーのためのRTX4080 SUPER ゲーミングPC ⁠究極のパフォーマンス

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCビルダーが明かす 究極のおすすめカスタマイズ術

BTOゲーミングPCランキング

ライブ配信向けおすすめPC選定 効率的に選ぶ方法

BTOパソコンはBuild To Orderの略

動画制作に最適なパソコン選び 性能別おすすめモデル紹介

静音PC探求道

ゲーム用パソコンの極意 プロゲーマーとストリーマーの選択

ゲーミングPC探訪

完全攻略 動画制作者が選ぶべきパソコンの性能とは?

ちょっとええゲーミングPC

最高のゲーム実況体験を! 選ぶべきおすすめPC特集

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

おすすめゲーミングPCが明かす! 最強パフォーマンスを叶える絶対条件

BTOゲーミングPCランキング

プレミアムな業務用おすすめハイエンドPCセレクション

ちょっとええゲーミングPC

映像制作専用パソコンの極意 編集スタジオの選択肢

静音PC探求道

ゲーミングPC 寿命を判断し、次世代モデルを選ぶ方法

BTOパソコンはBuild To Orderの略

BTOパソコン徹底比較 トップ性能を引き出すハードウェア選び

ゲーミングPC探訪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次