ゲーム配信PC選択術 スペック優先で勝ち抜くストリーミング

目次

ゲーム配信PC選択術の基本

ゲーム配信PC選択術の基本

必要なゲーム配信スペックを理解する

ゲーム配信PC選択時に優先すべきスペックとして、CPUとGPUの性能が非常に重要です。

CPUは配信ソフトウェアの処理とゲームの動作に大きく影響し、多くの場合、Intel Core i7以上やAMD Ryzen 7以上の選択が推奨されます。

これにより、複数のタスクを同時に効率的に処理できるようになります。

一方、GPUはゲームのグラフィックを美しくスムーズに表示するために不可欠です。

NVIDIA GeForce RTX4070以上やAMD Radeon RX 7700 XT以上が、高品質な映像を保ちながら配信するのに適しています。

また、十分なメモリも必要です。

通常、16GBのRAMは最低限ですが、24GB以上を搭載できるとより多くのアプリケーションをスムーズに動かすことが可能です。

ストレージについては、ゲームのロード時間を短縮し配信時の遅延を減らすために、SSDを使用することが望ましいです。

512GB以上のSSDは、早速の改善を実感できるでしょう。

さらに、適切な冷却システムを備えていることも重要です。

強力なスペックを持つPCは発熱が激しいため、効率的な冷却はパフォーマンスの持続に直結します。

充実した冷却ファンや液体冷却システムを選ぶことで、長時間のゲーム配信でもPCの性能を最大限に活かせます。

これらのポイントに注意して、ゲーム配信専用PCを選ぶことが、視聴者に最高の視聴体験を提供する鍵となります。

ストリーミングで重要なコンポーネント

ゲーム配信を成功させるためのPC選びでは、いくつもの要素が複雑に絡み合っています。

ストリーミングで重要なコンポーネントについて解説します。

まず、CPUは配信の要となるコンポーネントです。

複雑な計算処理や、同時に複数のタスクを処理する能力が求められます。

特に、ゲームのプレイと同時に高品質のストリームを流すには、強力なマルチコアCPUが欠かせません。

最新のIntel Core i7やi9、またはAMDのRyzen 7や9シリーズを選ぶと、頭一つ抜け出せるでしょう。

多少高価であっても、ここで妥協すると後々苦労することが予想されます。

次に、GPUの選択も非常に重要です。

ゲームの映像をリアルタイムでエンコードするためには、性能の高いグラフィックカードが必要です。

RTXシリーズのような最新のGPUは、ゲーム内のグラフィック処理をスムーズに行うだけでなく、エンコードの高速化にも寄与します。

これにより、視聴者に滑らかな映像体験を提供できるようになります。

その上で、メモリも見逃せません。

なぜかというと、配信ソフトウェアやゲームが多くのメモリを使用するからです。

16GB以上のRAMが推奨されますが、32GBを選択すればさらに余裕を持って作業ができるでしょう。

メモリが不足することでストリーミングがカクついたり、ゲームのパフォーマンスが低下したりすることもあります。

さらに、ストレージも重要な役割を果たします。

ゲームデータや配信録画データは非常に容量が大きいので、SSDを使うことで読み書き速度が格段に向上し、効率的にデータを管理できます。

特に、NVMe SSDはその速度の速さから、ゲームのロード時間を劇的に短縮するので、一石二鳥です。

また、ネットワーク環境もストリーミングには欠かせない要素です。

高速かつ安定したインターネット接続が必要です。

光回線を使っている方も多いかと思いますが、アップロード速度が重要です。

最低でも10Mbpsが必要ですが、30Mbps以上のアップロード速度があるとより安心です。

最後に、冷却システムも無視できません。

高性能なCPUとGPUは発熱量が多いため、適切な冷却が不可欠です。

エアクーラーに加えて、水冷システムを検討する方もいるでしょう。

冷却がしっかりしていないと、パフォーマンスが下がるだけでなく、ハードウェアの寿命も短くなります。

これらの要素をバランスよく組み合わせることで、最高のゲーム配信PCを構築することができるわけです。

選択肢がいくつもありますが、各コンポーネントの重要性をしっかり理解して、自分に最適なPCを選んでください。

プロセッサー選びの戦略

プロセッサー選びの戦略

ゲーム配信に最適なCPUモデル

ゲーム配信に最適なCPUモデルを選ぶ上で、プロセッサーの性能が直接的に配信のクオリティに影響を与えるため、高い処理能力を持つモデルが求められます。

特に、マルチタスク処理能力が重要であり、同時にゲームをプレイしながらストリーミングするためには、複数のコアを持つCPUが推奨されます。

例えば、AMDのRyzen 9 7950XやIntelのCore i9-14900Kは、高いコア数とスレッド数を備え、複雑なシナリオ下でもスムーズに機能します。

これらのCPUは、高速なゲームパフォーマンスを保ちながら、配信ソフトウェアを効率良く動かすための十分なリソースを提供します。

また、オーバークロック機能を利用することで、さらに高い性能を引き出すことが可能です。

これにより、エンコードやライブ配信中の遅延を最小限に抑え、視聴者に快適な視聴体験を提供することができます。

さらに、これらのハイエンドCPUは、将来的なゲームやアプリケーションのアップデートに対しても柔軟に対応可能です。

つまり、長期間にわたって高性能を維持し続けるための投資とも言えるでしょう。

そのため、ゲーム配信を本格的に行いたい場合には、初期の段階でこれらのプロセッサーに投資することが賢明です。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40947 2400 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40896 2341 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40896 2341 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38378 2063 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38303 2034 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35315 2218 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35315 2218 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33576 2192 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33576 2192 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32357 2087 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32357 2087 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29094 2025 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28696 1955 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26888 2030 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24505 2088 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24505 2088 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21955 1936 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20252 2001 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19399 1924 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17634 1803 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15958 1765 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15958 1765 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15204 1967 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9025 1734 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9025 1734 公式 価格

コア数とスレッド数のバランス

ゲーム配信においてプロセッサーはその心臓部と言えますが、特に重要なのがコア数とスレッド数のバランスです。

多くの現代ゲームでは、複数のコアを活用して高速にデータを処理する能力が求められます。

ただし、ゲームだけでなく配信ソフトウェアも同時に動かす必要があるため、プロセッサーの選択は一層慎重に行う必要があります。

コア数が多ければ多いほど良いと一概には言えません。

ゲームと配信の両方で効率的に作業を行うためには、適切なスレッド数がサポートされていることも必須です。

例えば、高いマルチタスク性能を誇るプロセッサーは、複数のスレッドを同時に処理できるため、ゲームのプレイと同時に配信ソフトが滑らかに動作します。

ここで注目すべきは、ゲーミングと配信のために特化したプロセッサーを選ぶことです。

具体的には、ゲーム用途であれば高いシングルスレッドパフォーマンスを持ち、同時に複数のプロセスを効率良く処理できるマルチスレッ?能力を併せ持つモデルが望ましいです。

これにより、配信中のゲームプレイが重くなることなく、視聴者に対して最高のパフォーマンスを提供できるわけです。

最後に、将来のアップグレードやソフトウェアの更新にも対応できるよう、少し余裕のあるスペックを選ぶことも重要です。

これにより、新しいゲームやアップデートされた配信ソフトウェアにも柔軟に対応でき、長期にわたってストリーミングの質を保つことができます。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52L
【ZEFT Z52L スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

効率的な作業とエンターテイメントを実現するハイバリュースタンダードゲーミングPC
RTX 4060搭載で驚異のグラフィック性能、均整の取れた16GBメモリでマルチタスクもサクサク
省スペースで存在感を放つコンパクトケース、スタイリッシュなクリアパネルで内部を魅せるデザイン
最新のスマートパフォーマンス、Core i3 14100がもたらすスムーズな日常操作

【ZEFT Z45DBU スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45Y

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45Y

ゲーミングの興奮を次元上げる、新時代のプロフェッショナルマシン
RTX 4060Tiと鋭敏な32GB DDR5メモリのシナジー、圧倒的なバランスでゲームも作業もスムーズに
透明パネルから覗く、RGBの煌めきが際立つ洗練されたデザイン性のミドルタワーケース
現代をリードするCPU、Core i7 14700KF。処理速度の新基準をあなたに

【ZEFT Z45Y スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45Y

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52Z

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52Z
【ZEFT Z52Z スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52Z

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48EAA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48EAA
【ZEFT Z48EAA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48EAA

グラフィックスカードの選択術

グラフィックスカードの選択術

ゲーム配信に適したGPUのスペック

ゲーム配信に適したGPUの選定は、その性能が直接配信品質に影響を及ぼすため、非常に重要です。

最も基本的な要件として、現代のゲームタイトルを快適に実行できるだけの処理能力が求められます。

具体的には、高解像度でのゲームプレイが可能でありながら、同時にストリーミング送信もスムーズに行えることが望ましいです。

配信においては、特にエンコード処理能力が重要です。

エンコードは、ゲーム画面をリアルタイムでデータ圧縮し、視聴者へと送信するプロセスです。

このプロセスにおいてGPUが占める役割は大きく、NVIDIAの場合、NVENCという専用のエンコードコアが優れたパフォーマンスを提供します。

AMDも同様に、VCE(Video Coding Engine)を搭載し、効率良くエンコード作業を行います。

さらに、多くのゲームや配信ソフトウェアがDirectXやOpenGLといったAPIを利用してGPUの機能を呼び出すため、これらのAPIに対応しているかどうかもチェックする必要があります。

最新のAPIであるDirectX 12やVulkanに対応しているGPUを選ぶことで、より高い互換性とパフォーマンスが得られます。

また、GPUのビデオメモリ(VRAM)も重要です。

ビデオメモリは高解像度のテクスチャやシャドー、その他のグラフィックデータを一時的に保存する場所であり、通常、配信を考慮に入れる場合は8GB以上のVRAMを持つGPUが推奨されます。

これにより、ゲームが重たいグラフィックデータを扱っても、滑らかなプレイが可能となり、視聴体験の向上につながります。

このように、ゲーム配信用のGPUを選ぶ際には、単にゲームがプレイできるだけでなく、エンコード処理能力やAPIの互換性、適切なビデオメモリを備えているかが重要となります。

適切なスペックのGPUを選定することで、高品質なゲーム配信を行うことが可能です。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35952 73562 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29897 72862 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28950 67811 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26004 66997 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23580 55222 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19801 50095 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19116 50739 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17856 45533 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16883 42124 245W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13375 34792 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13375 34346 160W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13259 34165 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12386 30149 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10757 31499 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10588 28366 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10579 27292 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7290 19471 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6232 15920 130W 公式 価格

ストリーミング解像度とグラフィック設定

ゲーム配信時においてグラフィックスカードは重要な役割を果たします。

特に、ストリーミング解像度とグラフィック設定のバランスが重要です。

高解像度での配信を目指す場合、より高性能なグラフィックスカードが必要になります。

たとえば、1080pでの滑らかなゲームプレイと配信を実現するには、NVIDIAのRTX4060やRTX4060などが適しています。

これらのカードは、高いフレームレートを保ちつつ、優れた画質での配信が可能です。

一方、4K解像度での配信を考えるならば、RTX4080やRTX4090といったさらに高性能なグラフィックスカードが求められるでしょう。

これらのカードでは、高解像度でも安定したフレームレートを維持でき、視聴者に最高の視覚体験を提供できます。

しかし、全てのストリーマーが最高スペックを目指す必要はありません。

視聴者の多くは1080pかそれ以下の解像度で視聴しているため、目的に適したグラフィックスカードを選ぶことがコストパフォーマンスの面でも賢明です。

配信におけるグラフィック設定は視聴体験を左右するため、個々のニーズに最適な設定を見極めることが成功の秘訣です。

メモリ ゲーム配信の品質を左右する

メモリ ゲーム配信の品質を左右する

推奨されるRAM容量

ゲーム配信においては、RAMの容量が重要な役割を果たします。

特に複数のアプリケーションを同時に動作させながら配信を行う場合、十分なRAMがないとPCのパフォーマンスが低下し、結果として配信の品質に也影響が出ます。

一般的に、ゲーム配信用のPCでは少なくとも16GBのRAMが推奨されます。

これにより、高解像度でのゲームプレイと同時に、配信ソフトウェアやチャットアプリケーションなどもスムーズに動作させることが可能です。

さらに、より高品質な配信を目指す場合には、32GBのRAMを搭載することをおすすめします。

32GBあれば、高負荷のシーンでも安定した配信が行え、視聴者に快適な視聴体験を提供できます。

また、将来的に配信環境をアップグレードしたい場合にも、余裕をもって対応することができるでしょう。

重要なのは、使用するソフトウェアや配信するゲームの種類に応じて、適切なRAM容量を選ぶことです。

ゲームやソフトウェアのシステム要件を確認し、それに合ったスペック選びを心がけることが、長時間の配信でも快適に業務を続けるための鍵となります。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

ハイエンドなゲーミングPC、アドバンスドクラスの性能でゲーム世界へと誘う
RTX 4070搭載、ミドルタワーに凝縮されたパワフルバランスが魅力
エレガントなホワイトデザイン、NZXT H7 Flow、内部が輝くRGBケース
Core i7 14700KF搭載、最先端技術でシームレスなパフォーマンスを実現

【ZEFT Z45AGA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AQ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AQ

ハイパフォーマンスとプライスパフォーマンスを兼ね備えたハイパフォーマンス、日常を加速するゲーミングPC
圧巻の32GB DDR5とRTX? 4070が実現するバランス良好なスペック、ゲーマーのマストアイテム
NZXT H6 Flow Whiteケースでスタイリッシュに、クールに、あらゆるセットアップを引き立てるPC
最新のCore? i7-14700Fプロセッサ、マルチタスクでも高速に動作

【ZEFT Z47AQ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AQ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AZ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AZ
【ZEFT Z52AZ スペック】
CPUIntel Core i7 14700K 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AZ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52W

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52W
【ZEFT Z52W スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52W

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45E

パワーユーザーも納得の高性能、クリエイティブを加速するゲーミングPC
バランス良く実力を発揮する、快適作業と高速プレイをコミット
シックでモダンな外観、ミドルタワーケースがデスクを飾る
頼れるパフォーマンス、最新の「Core i5」があらゆるタスクを力強くサポート

【ZEFT Z45E スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45E

メモリスピードとレイテンシの影響

ゲーム配信においてメモリのスピードとレイテンシは非常に重要です。

メモリスピードが高いほど、PCは大量のデータを迅速に処理でき、結果としてゲームの画像や音声が滑らかに配信されます。

特に高解像度や高フレームレートでのストリーミングを行う際には、速いメモリが求められます。

一方で、レイテンシはメモリがデータにアクセスするのにかかる時間を指し、この数値が小さいほどPCの応答性が向上します。

ゲーム中に発生する突発的なシーンの変更や多くのプレイヤーが同時に交流するオンラインゲームでのパフォーマンスが格段に改善されるため、レイテンシの低減も重要です。

配信者がこれらの技術詳細を理解し選択することで、視聴者に最高の視聴体験を提供できるようになります。

そのためには、特にメモリの仕様をチェックし、適切なスピードとレイテンシのバランスを見極めることがカギとなります。

このように、メモリは単に多ければ良いというものではなく、その性能がゲーム配信の品質を大きく左右するのです。


ストレージ ゲームと配信の速度

ストレージ ゲームと配信の速度

SSD対HDDの配信パフォーマンス

ゲーム配信時のスムーズなパフォーマンスには、ストレージ選びが非常に重要です。

特に、SSDとHDDでは大きな違いがあります。

SSDは、データアクセス速度が速く、ゲームやオペレーティングシステムのロード時間が格段に短縮されます。

このため、ゲーム中に頻繁にデータを読み込む必要がある場面でも、遅延が少なくなります。

また、SSDは動作音がほとんどなく、配信中の不快なノイズが少ないため、視聴者に快適な配信環境を提供できます。

一方、HDDは大容量データを保存するのには向いていますが、アクセス速度はSSDに比べて遅いです。

そのため、ゲームのロードが遅れたり、データの読み込み待ち時間が生じる可能性があります。

ストリーミング配信中にこれらの問題が発生すると、視聴者体験に悪影響を及ぼすことも考えられます。

ですから、高品質な配信を目指すなら、SSDの導入がおすすめです。

特にシステム用には最低一つのSSDを設置し、ゲームデータと配信ソフトウェアもSSDに保存することで、全体のパフォーマンスが向上します。

HDDは、録画データやアーカイブ用として追加するのが一般的な使い分け方です。

このように、SSDとHDDを適切に組み合わせることで、速度と容量のバランスを最適に保ちつつ、効果的な配信環境を構築できます。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

ストレージ容量とする配信コンテンツ

ストレージ容量とする配信コンテンツについてご紹介していきます。

配信PCを選ぶ際にストレージ容量を軽視する方もいるかもしれませんが、それでは困ることが多いでしょう。

ゲーム配信の際には、ゲーム本体のデータだけでなく、録画した動画や編集用のデータも大量に保存する必要があります。

これによって、ストレージがすぐに満杯になってしまうリスクがあるのです。

そもそも、ゲーム自体も高画質でリッチなコンテンツが増えており、一つのゲームだけでも数十GBの容量を必要とすることも珍しくありません。

しかも、配信を行うと、録画ファイルや編集ファイルがどんどん増えていくため、かなりのストレージが要求されるのです。

「そんな大容量のデータ管理、どうすればいいの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

ここで重要なのは、どのくらいのストレージ容量が必要かを予測することです。

たとえば、1080pの高画質で配信や録画を行う場合、1時間の録画データが数GBに及ぶこともあります。

このため、最低限でも1TB以上のHDDやSSDを準備しておく必要があるでしょう。

なぜかというと、余裕を持ったストレージがないと、突然容量不足になり「もう録画できない!」と焦る事態に陥ることがないからです。

SSDを選ぶ際も、速度が速いものを選ぶことが肝要です。

HDDと比べてSSDはデータの読み書き速度が格段に速く、ゲームのロード時間短縮や動画のエンコードやデコードがスムーズに行えるからです。

SSDがいっぱいになった際には、HDDにデータを移してバックアップを取るという方法も取ることができるため、両者をうまく併用すると良いでしょう。

ゲーム配信をする方にとって、一挙両得な方法としてクラウドストレージの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

クラウドストレージにデータを保存しておけば、万が一PCが故障した際でも大切なデータを失うリスクを避けることができます。

最近では多くのクラウドサービスが存在しており、無料で使える容量も設けられていることが多いです。

まとめると、ゲーム配信PCを選ぶ際には、しっかりとストレージ容量を確保し、その上でSSDとHDDをうまく使い分けることが大切です。

また、クラウドストレージの利用も視野に入れることで、安全かつ効率的にデータ管理ができます。

ストレージの選択次第で配信の快適さが大きく変わることを心に留めておいてくださいね。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

マザーボード選択の重要性

マザーボード選択の重要性

ゲーム配信に最適なチップセット

ゲーム配信に最適なマザーボードを選ぶ際、チップセットは非常に重要な役割を果たします。

チップセットがマザーボードの心臓部であると考えられるため、この部分の選択は配信のパフォーマンスに直接影響を与えます。

配信には高い処理能力と安定したデータ転送が求められるため、最先端のチップセットを搭載したマザーボードが推奨されます。

特に、インテルのZシリーズやAMDのXシリーズのような上位モデルのチップセットは、高速なメモリサポートと拡張可能なPCIeスロットを提供します。

これにより、多くのゲーム配信者が求める複数の高性能グラフィックカードや、高速ストレージデバイスの接続が可能になり、ゲームのロード時間の短縮と滑らかなストリーミング配信を実現します。

さらに、これらのチップセットは、オーバークロッキングにも対応していることが多く、CPUの性能を最大限に引き出すことができます。

これは、多くのゲームやソフトウェアが要求する高い処理速度を保証し、配信中のCPUの負荷を軽減する助けとなります。

また、最新のチップセットは通常、改善されたセキュリティ機能やエネルギー効率の良い設計が施されているため、長時間の使用においても高い信頼性を保ち続けることができます。

このように、ゲーム配信においてマザーボードのチップセットを選ぶことは、ただのスペック選び以上の意味を持ちます。

適切なチップセットは、配信の品質を高め、視聴者に最高の視聴経験を提供します。

そのために、ゲーム配信用PCの構築時には、これらの要素を考慮に入れたチップセット選びが推奨されます。

拡張スロットと周辺機器の互換性

ゲーム配信を行う上で、マザーボードはその心臓部とも言えます。

特に拡張スロットと周辺機器の互換性は、高いパフォーマンスを維持するために重要な要素です。

マザーボード上のPCIeスロットは、グラフィックスカードやサウンドカード、さらには高速なストレージオプションなど、重要なコンポーネントの接続に欠かせません。

ストリーミングにおいては、特に高性能なグラフィックスカードが求められますが、これを支えるためには十分なスロットが必要となります。

また、USBやThunderboltなどの端子も、マイクロフォン、カメラ、外付けストレージといった配信に必要な機器を繋ぐためには充分な数と速度を確保しておくべきです。

これに対応するため、最新のマザーボードではこれらの接続端子が豊富に用意されており、高速データ転送を支える技術が組み込まれています。

ゲーム配信をスムーズに行うためには、これらの拡張スロットや端子の質と数量が、直接的に配信のクオリティに影響を及ぼします。

適切なマザーボードを選ぶことで、高画質で安定した配信が可能となり、視聴者に最高の視覚体験を提供できるのです。

したがって、ゲーム配信用のPCを選定する際は、互換性と拡張性を考慮に入れたマザーボード選びが欠かせません。

これらのポイントを理解し選択することで、効果的かつ効率的なストリーミング環境を構築できます。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBG
【ZEFT Z45DBG スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBS

ハイレベルなゲーミングPC、これがスマートパフォーマンスの実力だ
16GB DDR5とNVMe SSDで快適スピード!バランス抜群のパワーマシン
コンパクトでスタイリッシュ。省スペースではあるが、パワーは抜群なモデル
Core i5 14400F搭載、スマートでありながら強力な処理能力のPC

【ZEFT Z45DBS スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45QS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45QS

ゲーム制覇も夢じゃない、ハイスペッククラスの新時代ゲーミングPC!
32GB DDR5 & 2TB NVMe SSD、均整の取れたスペックで快適プレイ!
Corsairの風通し抜群ケース、美しく冷えるゲーマー向けデザイン
i9最新鋭、脅威の演算力でゲームも作業もハイスピードエクスペリエンス

【ZEFT Z45QS スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45QS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LW

真打ち登場、ハイパフォーマンスゲーミングPC!ファンクショナルミドルクラスがコミットする圧倒的な使い心地
アッパーハイセグメントのRTX 4070Ti搭載、快適なゲーム体験とクリエイティブ作業の両立
白いミドルタワーケース、サイドのクリアパネルから覗く、美しい光の演出に彩られたデザイン
最新Core i5で、余裕をもったマルチタスク処理を実現するスムーズなパフォーマンス

【ZEFT Z45LW スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LW

電源ユニットの選び方

電源ユニットの選び方

必要な電力容量の計算方法

ゲーム配信用のパソコンを構成する際、最適な電源ユニットを選ぶためには、まず必要な電力容量を正確に計算することが重要です。

計算方法は、使用する全コンポーネントの消費電力の合計を出すことから始まります。

特に、CPUとグラフィックカードは消費電力が高いため、これらのスペックを確認することが不可欠です。

たとえば、高性能なグラフィックカードとCPUを使用する場合、それぞれから要求される電力を合計し、さらにその合計に対して余裕をもたせることが推奨されます。

一般的に、システム全体の消費電力に対して50%の余裕を持たせると良いとされています。

これにより、電源ユニットが高負荷時にも安定して動作し、効率良く電力を供給することができます。

さらに、電源の効率自体も重要で、80 PLUS認証を受けた製品を選ぶと、無駄な電力消費を抑えつつ、信頼性の高い電源選びにつながります。

このように計算して得られた電力容量をもとに、適切な電源ユニットを選ぶことで、ゲーム配信に必要なパフォーマンスを安定して発揮することが可能となります。

部品が求める電力以上の供給能力を持つ電源を選べば、システムはより長持ちし、拡張の際にも柔軟に対応できます。

ですから、電源ユニット選びにおいては、こうした計算を丁寧に行うことが、後々のトラブルを避けるためにも非常に重要です。

信頼性高い電源ユニットの選択基準

信頼性の高い電源ユニットを選ぶ際には、まずは出力容量がゲーム配信に見合ったものであるかを確かめることが重要です。

ゲーム配信では高性能なグラフィックカードやCPUが必要とされるため、これらのハードウェアの消費電力に対して余裕のある容量の電源を選ぶ必要があります。

次に、80 PLUS認証を受けた電源ユニットへの注目も重要です。

この認証は、電源が一定の効率で動作することを保証するもので、電力の無駄遣いを減らし、経済的で環境に優しい選択となります。

さらに、保護機能が充実しているかどうかも見落とせません。

過電圧保護(OVP)、過負荷保護(OLP)、短絡保護(SCP)などの機能が備わっている電源ユニットは、パソコンが不意のアクシデントから守られるため、より信頼性高く安全に利用することができます。

また、ファンの音が小さいものを選ぶことで、配信中の音質のクリアさも保つことができます。

静音性が確保された電源ユニットを選ぶことは、視聴者に快適な視聴環境を提供する上で非常に重要です。

結局のところ、信頼性高い電源ユニットの選択は、最適なスペックと機能を備えた製品を選び、長期間にわたってストレスなく使用することを意味します。

これは、ゲーム配信においては特に重要で、ストリーマーとしてのパフォーマンスに直結する部分ですので、慎重に選びましょう。

冷却システム 安定した配信を支える

冷却システム 安定した配信を支える

効率的なPC冷却ソリューション

効率的なPC冷却ソリューションとは、ゲーム配信中のPCの性能を最大限に引き出し、安定稼働を長時間維持するために極めて重要です。

高負荷での作業が続く中、PC内部の熱は思うように逃がさず、その結果としてパフォーマンスの低下や予期しないシステムのトラブルが起こりがちです。

特に、ゲーム配信では画質やフレームレートなどが重要視されるため、熱によるパフォーマンスの低下は配信のクオリティに直結します。

この問題を解決するためには、効果的な冷却システムが不可欠です。

一般的に利用される空冷式ファンの他に、より高い冷却能力を持つ水冷システムも人気です。

これらのシステムは、プロセッサやグラフィックカードなどの熱を効果的に外部に逃がすことが可能で、静音性も高いため、配信中のノイズの問題も少なくなります。

さらに、ケースの設計によるエアフローの最適化も重要で、内部の空気の流れを良くすることで、部品それぞれの冷却効率を上げることができます。

高性能な冷却パッドを用いることも一つの方法で、特にノートPCでゲーム配信を行う場合に効果的です。

これらの冷却ソリューションを適切に選択し、組み合わせることで、長時間のゲーム配信でもPCの性能を安定させることが可能です。

結果として、配信内容の質を保ちながら、視聴者に最良の視聴体験を提供することができるでしょう。

より快適で安定したゲーム配信を目指すならば、冷却システムへの投資は必須です。


水冷VS空冷 配信PCに最適な選択

ゲーム配信時にPCの冷却システムは非常に重要です。

特に長時間にわたるストリーミングでは、PC内部の温度が急速に上昇し、パフォーマンスの低下や予期しないシャットダウンを引き起こす可能性があります。

そこで、冷却システムの選択がカギとなりますが、主に水冷システムと空冷システムの二つがあります。

水冷システムはその効率の良さから高い冷却能力を誇ります。

これは水を利用して熱を素早くPC外部に移動させることができるためです。

さらに、水冷システムはファンの使用を最小限に抑えるため、騒音が少なく静かな環境を保つことが可能です。

この点は特にマイクを通じてクリアな音声を配信したいストリーマーには大きなメリットです。

一方、空冷システムはそのシンプルさから多くのユーザーに長年愛用されています。

ファンを利用して直接的に熱を外部に排出する方法は、コストパフォーマンスに優れ、メンテナンスも比較的容易です。

ただし、強力なファンを使用すると騒音が発生することがあるため、この点は注意が必要です。

ゲーム配信PCに最適な冷却システムを選択する際は、使用する環境や配信のスタイル、PCケースのサイズなど、様々な要因を考慮する必要があります。

効率的な冷却能力を求めるのであれば水冷システムが、手軽さとコストを重視するなら空冷システムが適していると言えるでしょう。

各システムの特徴を理解し、最も適した選択を行うことが、安定したゲーム配信を実現する鍵です。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

ゲーム配信用PCのカスタマイズ

ゲーム配信用PCのカスタマイズ

配信に特化したカスタムビルドの考察

ゲーム配信に特化したカスタムビルドの考察では、まずはプロセッサーの選択が重要です。

ストリーミングはCPUに高い負荷がかかるため、マルチコアかつ高周波数のプロセッサーが望ましいです。

例えば、Intel Core i7またはAMD Ryzen 7以上の選択が一般的です。

次に、グラフィックカードですが、ゲーム本体のグラフィックを美しく流すためには、NVIDIA GeForce RTX4060 Ti以上が推奨されます。

また、メモリも重要で、最低16GB以上を用意することで、ゲームと同時に複数のアプリケーションをスムーズに動かすことが可能です。

さらに、配信のクオリティを保つためには、高速なストレージが必須です。

SSDは読み書き速度が速く、ゲームのローディングタイムの短縮や、配信中のデータアクセスの改善に貢献します。

そして、冷却システムも見逃せません。

高性能コンポーネントは多大な熱を発生させるため、適切な冷却がなければ性能の低下や機器の故障の原因となります。

このように、ゲーム配信用のPCをカスタムする際には、各コンポーネントがストリーミングの要求に応えられるかどうかを慎重に選定することが求められます。

適切なパーツ選びにより、高品質なストリームを実現でき、視聴者に最高の視聴体験を提供することができます。

アップグレード可能性の見極め方

ゲーム配信用PCのカスタマイズを考える際、将来的なアップグレードの可能性を見極めることは極めて重要です。

特にCPUやグラフィックカードなどの主要コンポーネントが、後々でも交換や追加が容易であるかどうかが鍵を握ります。

例えば、現在は手頃な価格のCPUで始めたとしても、将来的にはより強力なモデルへのスムーズなアップグレードを考えておくべきです。

これには、マザーボードが新しいCPUに対応しているか、必要なBIOSのアップデートが利用可能であるかなど、明確な情報が必要となります。

また、メモリも重要なファクターです。

初期の構成では8GBや16GBを選ぶかもしれませんが、最終的には32GB以上に増設できる余地を持っておくことが望ましいです。

メモリスロットの空き具合やサポートされる最大メモリ容量を確認することは、将来的な拡張を見越しての重要な判断基準になります。

ストレージに関しても、ゲームデータや録画データを保存するためのスペースは必要不可欠です。

SSDの追加は読み書き速度を大幅に改善するため、初期構成での1台または2台のSSDに加えて、将来的には更に追加できるかどうかをチェックすることが重要です。

SATAポートの数や、M.2スロットの有無にも注目しましょう。

このように、将来のアップグレードを見据えたPC構成は、コストパフォーマンスの向上だけでなく、長期間にわたって最高の配信経験を提供するために必要な選択です。

選ぶ際には、これらのポイントを念頭に置くことで、より長く、より効果的にPCを活用することが可能となります。

あわせて読みたい

おすすめPCで夢を描く 画像生成AIを駆使するアーティストの選択

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーミングデスクトップPCバイブル 職種別パーフェクトマッチ選定ガイド

静音PC探求道

音楽制作PC選びの科学 DAWのパフォーマンスを最適化するコツ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCの寿命を知ることが長く使う秘訣

ゲーミングPC探訪

インフルエンサー向け! Youtubeで成功するおすすめPCガイド

BTOゲーミングPCランキング

パソコン老化診断! 寿命をチェックするための完全ガイド

BTOパソコンはBuild To Orderの略

スペックから割り出す! パソコン選びの黄金比とは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

タスク達人の選ぶ! おすすめの仕事向けパソコン2024

BTOゲーミングPCランキング

動画編集の鬼になれ! 映像クリエイターのためのパソコン最強構成

BTOパソコンはBuild To Orderの略

初心者必見! 動画編集におすすめのPC選び方

静音PC探求道

パソコン選び方の真髄! おすすめモデルでスマート選択

ゲーミングPC探訪

映像クリエイターの夢を実現させるパソコン選び完全マスタープラン

ちょっとええゲーミングPC

ゲーミングPCでVRの限界に挑戦! 性能別おすすめモデル

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

YouTube用にカスタマイズ! パワフルなおすすめPC構成

静音PC探求道

さあ飛び込めデジタルアート! WEBデザイナー必携のおすすめパソコン

BTOゲーミングPCランキング

ゲームチェンジャー 生成AIを見据えたおすすめPC紹介

BTOパソコンはBuild To Orderの略

音楽制作PCとDAWの相性チェックリスト 完璧なセットアップを目指して

ゲーミングPC探訪

おすすめビデオ編集PCトップ10 最新モデルレビュー

静音PC探求道

ゲーム実況で快適プレイ! おすすめPC性能チェックリスト

BTOパソコンはBuild To Orderの略

動画制作者のためのスペックマッチ 最速パソコン選定術

ちょっとええゲーミングPC

グラフィック重視のゲーム用パソコン選び! 必見のポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCパーフェクト選択術 職種を極める最適仕様ガイド

BTOゲーミングPCランキング

学業から趣味まで! 大学生向けおすすめパソコンの完全リスト

ゲーミングPC探訪

おすすめビデオ編集PCランキング プロのための高性能機種比較

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ビジュアルプロフェッショナルのためのクリエイターPCおすすめリスト

静音PC探求道

RTX4070 SUPER搭載! おすすめゲーミングPCの選定ポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

VRエクスペリエンス向上計画 最強ゲーミングPC集結

ちょっとええゲーミングPC

RTX4070Ti SUPER 次世代ゲームを支えるゲーミングPC選択指南

静音PC探求道

ビジネスアナリストのおすすめ「AI PC」 データ分析を加速

BTOゲーミングPCランキング

ゲーム配信PC選び スペック優先の究極マシン選定術

BTOパソコンはBuild To Orderの略

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次