ショップ利用編 自分にあったショップを見つけよう

まずはショップ選びが大切です

先日はBTOパソコンが市販のパソコンについて
どれだけ安くて便利かについての説明をしました。
今回からはショップの利用についての説明をしていきたいと思います、
その第一回はショップ選択についてです。

BTOパソコンショップの種類

ひとくちにBTOパソコンを取り扱いショップと言っても、
大まかには3つにわけることができます。
具体的には
1:PCメーカーが販売しているBTOパソコン
2:大手PCショップが販売しているBTOパソコン(別名:ホワイトボックスPC)
3:BTOパソコン専門のショップが販売しているBTOパソコン

この3種類です。

1は「Dell」や「HP」「EPSON」などになります
大手メーカーらしく価格はとても安いですが、
カスタマイズ性は高くなく、またカスタマイズした場合非常に割高になります。
メーカーらしくサポートの質は高いところが多いです。

2は「ドスパラ」「tsukumo」「マウスコンピューター」などです
大手パーツショップらしく独自のルートでケースや電源を確保し
コストダウンを図っているため品質が良くないことがありますが
パーツを追加しない場合は1と遜色ないほどのコストパフォーマンスで、
追加した際もさほど割高にならないのはパーツショップの強みと言えるでしょう、
ただしカスタマイズ性は高くはありません。

3は「Sycom」「take-one」「パソコンショップSEVEN」などです
いずれもBTOパソコン専門のショップであり販売用の実店舗がないのが特徴です。
価格はそれなりですが細かくパーツを選ぶことができます。
また納期については受注発注の場合はそれなりに時間がかかりますが、
そうでない場合には1や2と比較して速く出荷してくれるショップもあります。

安さカスタマイズ性サービスの質
1のグループ安い?低い良い
2のグループ安い?低い普通
3のグループ普通高い良い

大まかに区別するとこの様になります。
BTOショップ自体も自作と比較すると価格はかなりお買い得と言えるのですが、
1や2の物量構成を考えると分が悪いと言えるでしょう。
いずれにしてもカスタマイズ性を重視するか
価格を重視するかで決まってくると言えるでしょう。

おススメは専門のBTOショップ

そんな中BTOパソコンを初めて買う人にお勧めなのが、
3番のBTOパソコン専門のショップになります。
大手のPCメーカーはほとんどパソコンの選びようがありませんし、
大手のパーツショップでは選べてもカスタマイズ性が低いので、
自分の利用目的に対してどっちつかずのパソコンを買う恐れがあります。

その点専門のBTOショップでは多少割高な面はあるものの、
自作PCよりはずっと安く、
自由にカスタマイズできるBTOパソコンを購入することができます。

他のショップについて

とは言っても先立つものがなければ、
なかなかパソコンは買いにくいものです。
価格が最優先と言う人はPCメーカーや大手パーツショップの
BTOパソコンをカスタマイズをせずに購入するのもいいでしょう。
*その後パーツを組み込んでも問題ないですが、
ショップ側の保証が切れる場合があります。

また、PCメーカーは故障対応は代替品発送である場合が多く
データのサルベージに関する懸念はあるものの
着後に修理を行い翌日発送に対応してくれるEPSONダイレクトは
かなりサポートの評判が高いようです。
HPやDellは非常にパソコンが安価ではあるものの、
サポートは海外につながれるのでその点で不安に思う人は多いようです。
ただし、以前私がDellのパソコンを購入した際にトラブルに遭った際には
オペレーターの日本語が多少あやしかったのですが
とても丁寧に対応してくれてトラブルも解決したので
個人的にDellにはいいイメージがあります。

逆にパーツショップのサポートはレベルが低いと言われ、
実際サポートの対応に不満があることがありました。
そういった意味では初心者はPCメーカーの方を選択する方がいいでしょう。

まとめ

ショップ選びは目的に合わせて行うとよりお買い得にパソコンを購入できます、
特にカスタマイズしない場合や手厚いサポートを受けたい場合はPCメーカーを
いろいろ選んで自分好みのパソコンを組み上げたい場合は
専門のBTOショップにするといいでしょう。


一番上へ